無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひき始めが肝心! ドクターに聞く「風邪かな…」と思ったときのセルフケア

ライフスタイル

薬、お風呂、食事…。風邪をこじらせないポイントをチェック!

Q1. のどが痛くてだるい。風邪ぎみかなと思ったときは、まず何をすればいい? A 体を温めてしっかり睡眠をとりましょう。 Dr.入谷

:風邪のひき始めにムリをすると悪化するので、まずは安静が第一。この段階では医薬品に頼るよりも、葛湯(葛粉をお湯で溶かす)やしょうが湯などで体をなかから温めて、しっかり睡眠をとりましょう。カモミールを牛乳で煮出したミルクティーも、体が温まるのでオススメです。別のウイルスに二次感染してこじらせないよう、風邪をひいた後も、こまめな手洗い・うがいを続けましょう。

Q2. お風呂には入ってもいいの? A 微熱ならシャワーで軽く汗を流す程度に。 Dr.入谷

:湯船に長時浸かると、体力を消耗するだけでなく脱水も招くので、風邪をひいたときの長湯は厳禁です。37度台の微熱ならお風呂もOKですが、軽くシャワーで汗を流すくらいがよいでしょう。髪がぬれたままだと体を冷やしてしまうので、ドライヤーでしっかり乾かすこと。体が冷えないうちに布団に入りましょう。

Q3.仕事があるので、とりあえず市販薬を買いに。でも何を選べばいいかわからない… A いちばんつらい症状に特化したものを選びましょう。

Dr.入谷

:風邪薬はウイルスを退治するものではなく、症状を抑えて体力の消耗を防ぎ、回復を助けるためのものです。市販の風邪薬には諸症状に効く成分が少しずつ入っているので、のどの痛みや鼻水など、いちばんつらい症状に特化した市販薬を選ぶとよいでしょう。ただし2日使用しても改善されない場合は、医療機関を早めに受診することをオススメしています。

Q4.熱が出たら、すぐに解熱剤を飲んだほうがいい? A 微熱ならムリに解熱する必要ナシ。 Dr.入谷

:風邪をひくと体温が上がるのは、体を守る「免疫」の働きを活性化させるため。いわば発熱は、免疫がウイルスと戦っている証拠です。37度台の微熱ならムリに薬で解熱せず、免疫をサポートするために体を温めて、安静にするのが一番です。

Q5.風邪によく効く注射をしてもらいたいのですが… A 風邪の特効薬はナイ。まずは水分補給をして安静に。 Dr.入谷

:現在、風邪ウイルスを退治する薬はひとつもありません。風邪の原因ウイルスは200種類以上といわれ、症状も多彩、さらに感染したウイルスの特定も困難なため、患者さんには「風邪に効く特効薬」が開発できたらノーベル賞ものですよと説明しています。点滴の成分もじつはスポーツドリンクとほぼ同じ。点滴で血管を傷つけるよりも、自分の口から水分補給をしたほうが体にやさしいといえます。

Q6.食欲がなくても、栄養をつけたほうがいいですよね? A ムリして食べるのは体力消耗になるので、オススメしません。 Dr.入谷

:食欲がないときに無理して食事をとるのは絶対にNG。消化するために血液が胃腸に集中して、かえって体力を消耗させます。体が欲していないなら、ムリして食べなくて大丈夫。水分だけは十分に補給して、食欲が出てきたらおかゆやスープなどの、胃腸に負担のかからない消化のよいものをとりましょう。

Q7 39度の急な発熱!夜間でも病院に行くべき? A インフルエンザの可能性があるので安静にして、翌朝医療機関へ。

Dr.入谷

:39度の急な発熱や強い全身症状が現れた場合、インフルエンザが疑われます。症状のつらさと不安からすぐに受診したくなりますが、インフルエンザ発症後6時間は検査をしても判定がつかないことがほとんど。夜間に発症した場合も、様子を見られそうであれば、慌てずに翌朝受診しましょう。それまではしっかり水分補給をして、安静にしてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ