無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ズボラ女子でも大丈夫「1日1捨」で片付け上手に!

ライフスタイル

「1日1捨」を続ける小さなコツ

レシートやDM、チラシなど何でもいいので、1日1つ手放すことを続けましょう。頭で考えなくても捨てられるようになれば、ムダな物はどんどん減っていきます。

①捨てるクセをつける

最初から大きな物を捨てようとしなくても大丈夫!何でもいいので手放すクセつけるために、まずはレシートやチラシでもOK 。習慣をつける事が大切です。そのうち、頭で考えなくても勝手に体が動くようになるはず!

②思い入れの薄い場所から捨てる

snorkulencija / Getty Images

好きな物から捨て始めようとすると、なかなか捨てられないものです。好きな気持ちが邪魔してなかなか処分に踏み切れません。まずは気負わず捨てられる場所からスタートすると上手くいきます。

③捨てやすい仕組みをつくる

porcorex / Getty Images

「ゴミ箱が遠いから、あとで捨てよう」と、捨てることを先延ばしにすると、物を溜め込みやすくなります。まずは、捨てるのが面倒にならない仕組みを作っておくことが大切!物を手放すチャンスを逃さないように。

④先に“外枠”を決めてしまう

物を入れるスペースを決めてしまえば、どこまで物を減らすべきかの目安になり、捨てる判断がつきやすくなります。ポイントは出し入れしやすい量をキープすること!物を減らすことで、頭の中が整理され、だんだん必要な物の置き場所が決められるように!

⑤手放した物と理由をメモする

捨てた物を可視化することで、「こんなに捨てられた」と、モチベーションをキープできます。捨てられたことがより実感できて◎!捨てることへの抵抗感が日に日に薄まり、「物が減ると片付けたくなる」という心境の変化を実感!

⑥残した物は「愛でる時間」を持つ

捨てるだけでなく、残したものを大切にするようにすると、毎日の暮らしがよりいっそう豊かになります。物を「愛でる時間」を持つと、好きな物に囲まれて生活している事を実感でき、幸せな気持ちになりますよ♡

記事に関するお問い合わせ