無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意識を変えるだけで簡単♡お金に愛されるための習慣5つ

節約・マネー

お金に愛される付き合い方!

JGI/Jamie Grill / Getty Images

私たちが自分に関心を持ってくれる人や大事にしてくれる人のことを好きになるように、お金も大事に扱い関心を持ってくれる人のところに集まってきます。同じように、お金を大事に扱っている人ほど、お金の運も集まってくるのだとか。

dragana991 / Getty Images

そこで、毎日のお金との付き合い方をご紹介します。知っていると知らないでは大違い!ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金に愛される習慣

①働ける場所があることに感謝を

BartekSzewczyk / Getty Images

まず大事なのは、働いてお給料をもらえる環境にいることに感謝することです。仕事をしたことによって発生するお給料のおかげで、休憩時間にランチに行けたり、大切な人にプレゼントが買えたりするのです。

Luis Alvarez / Getty Images

また、自分以外にもたくさんの応募者や採用候補がいたかもしれないと思うと、働けていることに感謝ができます。そういった感謝の気持ちを大切に、お金を扱うようにしましょう。

②この行動が誰かの幸せにつながる

なんとなく買ったコーヒーでも、自分の手元に届くまでにはカフェスタッフだけではなく、運送業者やコーヒー豆の農家など、たくさんの人が関わっています。

Weedezign / Getty Images

そういったお金の流れを考えるとお金に興味を持てるようになり、お金を大切に使おうという意識に繋がります。

③生き金として使う

metamorworks / Getty Images

お金には死に金と生き金があり、新しい価値に繋がるお金の使い方を「生き金」というのだとか。例えば将来のための自己投資や、大好きな人への感謝の気持ちを示すプレゼントなど、自分にとってもプラスになるお金が「生き金」になるといえます。

DjelicS / Getty Images

家賃や電気代なども「払いたくないな」「高いな」と思って払うのではなく、「今月も家賃を払ったお陰で雨風をしのげて、ありがたいな」という気持ちで払うと、固定費でさえも生き金として使うことができるでしょう。

記事に関するお問い合わせ