無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ご祝儀の渡し方・受け取り方解説!覚えておくべき結婚式マナー

ライフスタイル

さて、結婚式会場では、受付係が招待客からご祝儀を預かります。事前にご祝儀を管理する人を両家でそれぞれ決めておき、受付係にはまとめたご祝儀をその人に渡してもらう旨を伝えておきます。

ご祝儀を管理するのは、新郎新婦の両親や兄弟が適役でしょう。ホテルや結婚式場などではまとめたご祝儀をフロントの金庫で預かってくれる場合もありますが、レストランやゲストハウスでは預かってくれない場合が多いので、その場合はきちんと自分たちで管理する必要があります。

ご祝儀袋が空だったら?

ご祝儀は結婚式後、自宅に戻ってから金額を改めましょう。誰からいくらもらったのか、しっかりと記録しておくことです。さて、そんな時、お金が入っていないご祝儀袋があったらどうしますか? 相手が本当に気の置けない人物であるのなら、「お金が入ってなかったよ」と伝えても言いかもしれませんが、基本的には黙っていたほうが無難だと思います。

故意にご祝儀袋の中にお金を入れない人はいません。ということは、「ついうっかり」入れ忘れてしまったわけです。それをわざわざ指摘して相手に恥をかかせることは、今後の人間関係を考えても得策とはいえないでしょう。相手が「確かに入れたはず」と思っている場合は、交友関係にもひびが入り兼ねません。ここは潔くあきらめましょう。

反対に、「もしかしてご祝儀袋にお金を入れ忘れちゃったかも!?」と思ったら、相手に率直に確かめるといいと思います。それで、「実は入ってなかった」という返事がきたら、丁重に不備をわびて再度ご祝儀を贈りましょう。そんなことにならないよう、ご祝儀袋にお金がちゃんと入っているか、しっかりと確かめて持参するようにしたいものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ