無料の会員登録をすると
お気に入りができます

太りにくいパスタの食べ方教えます♡“高タンパク・低カロリー”なパスタレシピ

野菜ばかりになりがちなダイエットメニューはもうおしまい!適度な炭水化物と“高タンパク&低カロリー”な食材をバランス良く組み合わせたパスタレシピをご紹介します。

2016年8月
レシピ

ダイエット中のパスタって?

パスタは濃厚なソースがたっぷりかかっているものが多いゆえに、ダイエット中は食べちゃいけないメニューだと思っていませんでしたか?

ダイエット食といえば、野菜中心の食事や炭水化物を抜いたメニューに偏りがちですが、それではバランスが偏ってしまいます。綺麗に痩せるには、脂肪燃焼を促してくれる “タンパク質”をしっかり摂ることも重要。

タンパク質の働きって?

タンパク質には、筋肉量をあげて脂肪の燃焼を助ける働きがあります。そのためタンパク質が足りていないと、エクササイズや食事制限をしても、健康的に痩せることは難しいです。

具材の主役をタンパク質に!

高タンパク&低脂肪な食材には、鶏肉・エビ・豆腐・赤身の魚などがあります。パスタを作る際には麺を少し少なめにし、高タンパクな食材をほどよく入れて、食べ応えのあるメニューに仕上げるとパスタでもヘルシーに。

太りやすいというイメージのあったパスタの具材を工夫すれば、ずいぶんヘルシーになります。それでは、ダイエット中のパスタメニューのアイデアをご紹介します。

ダイエット中に食べたいパスタレシピ♡

ブロッコリーショートパスタ

鶏挽肉と柔らかく茹でたブロッコリーがパスタソースの代わり。ブロッコリーはクタクタになるまで茹でれば、甘みも出て満足感もUP。チキンの代わりにノンオイルのツナ缶を使ってもヘルシーで美味しそうです!

recipe.rakuten.co.jp

オリーブオイルを少量ひいたフライパンで、すりおろしニンニク・挽肉を炒めます。茹でたショートパスタとブロッコリー・粉チーズを加え軽くあえ、塩胡椒で味を整えて仕上げます。

詳しいレシピ

エビまるごとスパゲッティー

夏場のランチに食べたいのが、高タンパク&低脂肪の代表食材「エビ」をまるごと使いきった、レモンが香る爽やかなパスタ。

記事に関するお問い合わせ