無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそスッキリ暮らす!物を捨てる&減らすために必要なこととは?

ライフスタイル

①収納は全体の7割までを念頭に

KhongkitWiriyachan / Getty Images

全ての場所にものを置かないようにしましょう。収納があったとしても、理想的なのは7割までと言われています。すっきりと見せるためにも、余白部分は残すように心がけて。

➁お部屋のテーマカラーを絞る

Wachirawut Priamphimai / EyeEm / Getty Images

お部屋のテーマカラーを3色くらいに絞るだけで、色の氾濫を防ぐだけでなく、不要な雑貨など買うことも少なくなってきます。

③持ち物は種類ごとに「居場所」を決める

AlinaYudina / Getty Images

持ち物は分散させず、種類別に集めて保存しましょう。整理整頓できるのはもちろん、持っている数やストックも確認できるので、無駄なお買い物も減ってきます。

④使いきってから買う

frema / Getty Images

何かと新商品は心奪われるものですが、基本、購入は使い切ってから。新しいものが全ての人に似合うとは限りません。本当に自分に合っているものだけ、リピートして買う方も増えています。

⑤迷ったら捨てる

Richard Drury / Getty Images

本当に必要なものなら、迷ったりはしません。使わずにただなんとなく持っているほうが、もったいないですよね。捨てたら捨てたでなんとかなる、というパターンがほとんどです。

リバウンドを防ぐ有効な習慣

一時的にものが少なくなったとしても、リバウンドが多いのも事実。そうならない為の習慣を身につけたいものです。

1.「あれば便利」は基本買わない

Tsvi Braverman / EyeEm / Getty Images

一見、とても便利そうなキッチン用品や日々の雑貨たち。でも、実際に買って使っているかと言えば、そうでないことも多いですよね。たまにしか使わないのなら、基本だけ揃え、他のもので代用しましょう。

記事に関するお問い合わせ