無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ふわしゅわ食感の無添加〝ほっとけーき〟で、北海道の恵みを感じる心地よいひと時を。「椿サロン 銀座」

グルメ

心もお腹も満たしてくれる、ぽってりかわいいパンケーキ。北海道産の材料のみを使って無添加で焼き上げた、絶品パンケーキを専門に出す素敵なカフェが銀座にあります。北海道発の「椿サロン 銀座」です。素朴で懐かしいお母さんのパンケーキをイメージしていることから、「ほっとけーき」と表記されるこの店のパンケーキはもちろんのこと、インテリアやカトラリーにも、店ならではのこだわりがいっぱいです。

オリジナルのインテリアに飾られた空間

東京メトロ銀座駅から徒歩約2分。ソニー通りとみゆき通りが交差する場所からすぐの建物の3階に、「椿サロン 銀座」はあります。一見、カフェがあるように思えない普通のビルですが、「椿」のロゴの立て看板に気を付けていると見つかります。

「椿サロン 銀座」は、2018年3月にこの場所にオープンしました。北海道に3店舗、台北に1店舗ある「椿サロン」唯一の東京店です。オーナーはインテリアデザイナーの長谷川演(はせがわ ひろむ)さん。これまでに数多くの飲食店やホテルのデザインとコンセプト作りを手掛けてきましたが、こちらは自身のお店ということで、北海道への愛がそこかしこに感じられる、とことんまでこだわったメニューやインテリアが見ものです。

店内で最初に目につくのが、大きなグランドピアノ。その横の大テーブルや壁、天井には和紙が使われていてとてもあたたかな雰囲気です。きのこのかさのようなシャンデリアが辺りを照らし、木の椅子がナチュラルな趣を添え、ほっと安らげる空間を作り出しています。

テーブルの上には北海道の民芸品である木彫りのクマが

これらのテーブルや椅子、照明はすべてオリジナルのインテリアだそう。テーブルの和紙は墨で濃淡さまざまに染めたもので、天井はなんとイチゴ染め。窓際のテーブルは、コーヒー豆の麻袋の上に漆を塗ったユニークなものなので、ぜひチェックしてみてください。さらに、カップやカトラリーに至るまで、店専用にデザインされたものを使うというこだわりようです。

手間暇惜しまずじっくり作るほっとけーきと深煎りコーヒー

早速「北海道ほっとけーき」を焼いてもらいました。生地に使うのは、小麦粉、小麦粉でんぷん、卵、てんさい糖、塩のみ。生地をふくらませたり香りをつけたりする添加物を、この店では一切使用していません。

ほっとけーきを焼き始めると、バターのいい香りが店内に広がり幸せな気分に。時間をかけてしっかり焼き上げるので、注文してから出てくるまでに早くても20分ほどかかります。生地を上手にふくらませるには、かなりの技術が必要とのこと。

焙煎からブレンドまでを札幌の本店で行っているコーヒーは、布フィルターを使ったネルドリップで丁寧に抽出しています。この淹れ方だと、濃厚な味わいでとろみ感のある豆の特徴が出やすくなるのだそうです。

「椿サロン 銀座」には、通年ある定番ほっとけーき2種類のほか、季節・数量限定のほっとけーきが2種類ほどあります。

こちらは店の定番メニューのひとつ、「北海道ほっとけーき プレミアム」(1750円/税込)と、「北海道クラシックブレンド」(860円/税込)。コーヒーをほっとけーきと同時に注文すると200円引きになります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ