無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2020年の全体運&12星座をお届け♡200年ぶりに天空の星々が重なる大きな節目の年!

2019年12月
占い

200年に一度!星のビックイベントはもうすぐ到来♡

オリンピックイヤーの2020年!東京を中心とする一大イベントを迎え、世界から日本は大いに注目されそうです。一方、天空の星々もまた、ビッグイベントを前に盛り上がっています。

Nednapa / Getty Images

最大の注目が、2020年12月22日に起きる「グレート・コンジャンクション」と呼ばれる現象です。木星と土星が重なるこのタイミングは、20年に一度の頻度で生じます。木星は「拡大・発展」を象徴、土星は「制限・安定」を表します。これは、どちらも社会のルールや世間が共通に抱くテーマを意味し、「時代の象意」と言えるものです。次のグレート・コンジャンクションまでのおよそ"20年の世相"を表すことになります。

Sergey Peterman / Getty Images

通常、20年ごと約200年にわたって同じエレメント(火・地・風・水)内で繰り返されますが、今回のグレート・コンジャンクションは「地」のエレメントから「風」のエレメントに切り替わるという、特別の意味を持っています。

物質的価値から精神的価値に変わるとき!

地のエレメントが「物質的な所有」を象徴したように、風のエレメントは「新しい理念・精神性・人間性」を象徴します。

The Speedy Butterfly / Getty Images

とりわけ今回のグレート・コンジャンクションが起きる"水瓶座"は、自由と平等、高度な知識などを象徴する星座です。差別や搾取を助長する金権制度から離れ、知恵や技術を惜しみなくオープンに。物質的な権威・権力主義が終わりを告げ、人間性の時代へと移行していくでしょう。

この1年は仕事&社会に真摯な姿勢で

とは言え新たな時代の始まりは、2020年12月22日以降のこと。「なんだ!まだ先じゃない?」そう思った人も多いかもしれません。ですがその前に、やっておくべき課題はたくさんありそうです。この1年をどう生きるべきかを、読み解いていきましょう。

Westend61 / Getty Images

来るグレート・コンジャンクションまでは、木星と土星に加えて大変革を促す冥王星など、3つの天体が、"山羊座"の特徴である「社会性」を大いに強調するため、国家や社会制度を揺るがす出来事が起きそうです。そのため、スポーツ界のパワハラや官僚・大企業の権威的存在の失墜しかり、「Me too運動」にみられるようなセクハラ告発など、昨今の傾向はますます強まるでしょう。

Westend61 / Getty Images

この1年の間にも、社会全体を揺れ動かすような出来事が起きそうです。社会と個人の生活は、必ずリンクしています。自分の周りの小さな世界を侮ってはいけません!社会情勢を受けて、流れが一気に変わることもあります。いつもより周囲の情報に対して敏感に反応することが大事です。仕事や社会に対して真摯に信頼を勝ち得ておくことが、新たな時代の基盤となるのでしょう。

imtmphoto / Getty Images

▼特に「お金」と「職場」は気をつけて

まず注意しておきたいのが「経済」です。お金を司る"牡牛座"に、変化と改革の象徴である天王星が「経済の常識」を書き換え中。株や投資信託などをやっている人は、ハイリターンを期待して、まだまだイケると思わないこと。儲けが出てるなら、欲をかかずに、利益を確定させましょう。また、職場でのメンツにこだわりすぎないことも大事。ポジションや昇進にこだわりすぎて、そのポストそのものがなくなる、そんな現状が起こる可能性だってあります。「本当に自分がやりたいことは何か」を一度熟考してみて下さい。これまでのセオリーで仕事を進めることに、ときには疑問を持って。

記事に関するお問い合わせ