無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエットに成功したライターが教える!12kg痩せた4つの心がけって?

夏のうちに間に合うようにダイエットに励んでいる人も多いでしょう。でもどんな方法が本当にあなたに合っているか不安になったり、何が正しいのかわからなくなりますよね。そこで今回は番長みるく本人が実践したダイエットの心がけをご紹介しましょう。

2016年7月
美容

4ヶ月で12kg痩せた!

健康的に痩せるために心がけていたこと

パーソナルジムのトレーナーのご指導のもと、食事制限や筋トレ、有酸素運動で4ヶ月で12キロも痩せた筆者の経験を元に、運動面以外の成功の秘訣をご紹介します。健康的に体を引き締められたら最高ですよね。

ダイエット成功の秘訣は、健康的に痩せるためのメソッドに基づいて実行すること!今からでも意識すれば、あなたも理想の体型に近づけるかもしれません。

①飲み物は水オンリー

体の水分量も把握していく

健康的に痩せるためには、体の水分量も上げていくことが目標。女性の水分量の標準は45〜60%です。水分量を上げていくことで、栄養の運搬、老廃物の回収、体温の維持などにも役立ちます。

カフェインは避けていこう

麦茶などの茶色系の飲み物もOKですが、なるべく水で摂取するようにします。カフェインが多いコーヒーや紅茶、緑茶などの飲み物は飲んでも問題ありませんが、摂取する水分のほとんどがそれにならないようにします。

飽きたら炭酸水を飲む

水に飽きたら炭酸水にしたり、なるべく水分量を上げるように意識することも健康的にダイエットするのに必要なことです。砂糖たっぷりのジュースなどはこの時期は避けていきましょう。

②食事をきちんと把握すること

なんとなく食べをしない

どんな食事をどれだけの量食べたか、日記をつけるのは面倒でも見直したり、1日の全体量を把握するのは大切なことです。食べたものであなたの体は作られています。なんとなく「ながら食べ」を防ぐことにもなります。

仕事中に「痩せたい!」と言いながらお菓子を食べたり、ジュースを飲んでいるのは矛盾した行動です。大皿に盛られたものも、自分の取り皿に完全に取り分けてから食べることによって食べ過ぎも防止になります。

理想は写真を残しておくこと。その時の感情だけでなく、あとから見直すことによって「食べすぎたな」や「食べ物が偏っているかも」と自分の癖を発見することにも繋がります。

③タンパク質を必ず食べる

肉や魚から良質に摂取

筋トレや有酸素運動を取り入れながらのダイエットと並行して、食事も意識していくことが大切です。個人差はあるものの、女性が1食あたり摂取できるタンパク質量の目安は決まっています。

100gくらいの肉や魚には大体20gほどのタンパク質量が含まれています。プロテインを飲むことも大事ですが、食事から良質なタンパク質を必ず摂っていくようにします。

食品のたんぱく質の含有量一覧表

タンパク質の摂りすぎは肝臓に負担がかかることも。1日3食、こまめにわけても100gほどを目安に肉や魚を必ず食べるようにしていきましょう。

④6〜7時間は寝る

ちゃんと寝ないと体重は戻らない!

仕事やプライベートなどで忙しいときもトレーニングやダイエットの成果を高めるためには、6〜7時間の睡眠が必要だと言われています。睡眠はたくさんのホルモンと関わりがあります。

成長ホルモンには、タンパク質の代謝を促して筋肉量を増加させたり、骨代謝を促進させて骨量を増やす働きがあります。また脂質代謝を促して体脂肪の分解を助け、コレステロール値を減らし、からだを構成している成分(=体組成)を整える働きがあります。さらに、糖質や水・電解質などの代謝過程においてもバランスを調整する大切な作用があります。
www.growthhormone.co.jp

本当に痩せられた喜びは大きい!

少し意識的に生活をしていくだけで体は徐々にですが、確実に変化を遂げていきます。素敵な体を手に入れるための努力を楽しんでいきましょうね。

記事に関するお問い合わせ