無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんか惜しい!オシャレなのに「モテない女性のファッション」って?

恋愛・結婚

着こなしはオシャレなのに、なぜかモテる気配がない!
そう嘆く女性は、モテとは違う方向に走っているのかもしれません。

オシャレ=モテるとは限らないもの。
今回はオシャレなのにモテ服ではない理由を調べてみましょう。

(1)服の色味が暗い

『全体的に暗い服ばかりだとなんか地味な印象……』(27歳/広告)

オシャレを追い求めるあまり、クローゼットがダークトーンの服で埋め尽くされていませんか?
実は暗めの服は、男性にはあまりモテません。

彼らは優しさや甘さをイメージする白や淡いピンクこそ、女性のイメージカラーだと思っているのです。
男性に会う機会が多い日は、暗めの服を封印して、やわらかい色合いをチョイスしたオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

(2)個性を追いすぎて男性に理解されない

『個性的すぎてちょっとついていけない……』(28歳/人事)

男女で可愛いの定義は異なるものです。
女性から見れば「オシャレ!可愛い!」と思うファッションも、男性目線では「なんでそんな変な服を着ているの?」と理解されないことも。

独特な柄やデザイン、鮮やかな色の服は女子会用に取っておきましょう。
デートの服装は、シンプルかつベーシックなコーデが男ウケ抜群です。

(3)素肌を一切見せない

『露出が一切ないのって女性らしさを感じない』(26歳/営業)

寒くなってくる時期、素肌感がない服装が多くなることも。
顔と手以外を衣服で覆ったもこもこコーデも可愛いですが、モテには程よい肌見せも必須。

アウターを脱いだ時にデコルテが見えるトップスを着ている、髪をアップにしてうなじがチラリと覗くくらいでいいのです。
程よい肌見せが抜け感を生み、男性の視線も釘付けになることでしょう。

(4)ボディラインが分からない

『全身ダボッとした服だとあんまり女性らしさを感じなくて残念』(27歳/SE)

曲線美を意識することも大切です。

ダボっとした服をオシャレに着こなす女性もいますが、男性が求めているのはそうではありません。
程よく体の線が感じられる服装に、どきっとするものなのです。

たとえばフレアスカートじゃなくてタイトスカートにする、ニットはボディラインに沿ったものを選ぶなど。
男性にはない体の曲線美を感じさせることで、女性らしさを演出することができるのです。

オシャレなのにモテの対象から外れてしまっては非常にもったいないです。
そのセンスを活かしつつ、男性にもウケがいいアイテムを迎え入れてみましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ