無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デートは“終わり”が何より重要!ピーク・エンドの法則で彼を虜に♡

気になる彼とドキドキのデート。デートの最中も大切ですが、実は最も重要なのがデートの終わり。人は最初よりも最後の印象が強くなるのです。そこで、デート終わりが善し悪しを左右するというピーク・エンドの法則についてご紹介します。

2016年7月
恋愛・結婚

デートは“終わり”が大切って知ってる?

印象が残るのは去り際なの♡

気になる彼とドキドキのデート。ドキッとさせるテクニックを使って、彼との距離を近づけている人もいるのでは?もちろんデートの最中も大切ですが、実はもっと大切なのがデートの終わりなのです。

Photo by Everton Vila / Unsplash

去り際にアクションすることで「またデートしたい」と彼に思わせることができ、彼の頭の中は次のデートまであなたのことでいっぱになるでしょう。彼の中であなたの存在が大きくなるというわけです。

それが「ピーク・エンドの法則」

“最高”だったことを“最後”で印象づけて

「何かをしている最中のピーク=最高なとき」と、「その出来事のエンド=最後」の両方があって初めて記憶に強く残ります。これを「ピーク・エンドの法則」と言います。

Photo by Andre Hunter / Unsplash

例えば、最高のデートだったけど、別れ際にケンカしたら最悪なデートになってしまいますよね。逆に途中でトラブルがあっても、最後は2人とも笑顔なら「終わりよければ全てよし」になるということ。

だからこそデートの“終わり”が大切なのです。そこで、彼に「いいデートだったな」と思わせるためのエンド=去り際を学びましょう。

彼がまた会いたくなるデートの最後

「今日は楽しかった、ありがとう!」

デートの終わりには嬉しい感想を伝えましょう。楽しかったことを再確認することで、ピーク・エンドを最高だったと印象づけられます。

Photo by melissa mjoen / Unsplash

また「こんなことがあったよね」「あれは面白かったな」など話し込んでしまうのもアリです。思い出が尽きないデートだったと印象づけると共に「あなたとまだ離れたくないの」というアピールもできます。

そしてちゃんと「ありがとう」と感謝を伝えましょう。褒められたり喜ばれると男性は俄然やる気を出します。「また楽しませてあげたいな」と思ってもらえるのです。

記事に関するお問い合わせ