無料の会員登録をすると
お気に入りができます

狭い部屋もすっきり広々♡狭さを克服するレイアウトアイデア10選

6畳でも1ルームでも、狭い部屋をすっきり広々と見せるテクニックは存在します。狭い部屋に住んでいる人の永遠のテーマである「狭さの克服」を促す、究極のレイアウトアイデアを10選にてご紹介します。

インテリア

お部屋が狭いんです..。

狭い部屋に住んでいる人の永遠のテーマである「狭さの克服」。レイアウトを工夫して、少しでもすっきり広々としたいものです。

そこで、6畳でも1ルームでも狭い部屋をすっきり広々見せるべく、レイアウトデザインアイデアを10個ご紹介します!

①家具は壁際の1カ所にまとめる

幅をとるベッドや棚などの大きな家具は、壁際の1カ所にまとめるのが原則です。

www.pexels.com

スペースを作ることで、動線を作ります。お部屋の形に沿ったコの字型の配置は、広々見せる鉄板なレイアウト技。

②窓は塞がないようにレイアウトする

家具のレイアウト時に気をつけたいのが窓の位置。窓にベッドを貼り付けるレイアウトも主流ですが、窓際のスペースを空けることで床に日差しがかかり、スペースを広く見せる効果があります。

ベランダに通ずる窓なら、なおさらスペースを空けておく方が吉。動線を確保しつつ、窓を閉めっぱなしの放置状態になることを防止します。

③家具は背の低いものを選ぶ

背の低い家具を選べば、天井を広々と見せることができます。背の高い家具はどうしても、空間を圧迫してしまうのです。

やむを得ない場合は、ウォールペーパーと同じテイストカラーの生地をかけて、カモフラージュするのがおすすめです。

④お部屋のテーマカラーに沿う

お部屋作りの基本、テーマカラーは統一することです。大きく分ければ、暖色(赤、オレンジ、黄色)と寒色(青、水色、グレイ、)の2つ。テーマカラーに沿うことで、スッキリ感を演出します。

www.pexels.com
記事に関するお問い合わせ