無料の会員登録をすると
お気に入りができます

10年後もふんわりバストでいるために♡垂れ胸を防ぐ11の美乳習慣

年齢を重ねてもバストの位置はキープしておきたいもの。そこで歳を重ねても胸が垂れないようにするために、今から始めておきたいOK美乳習慣、今すぐやめたいNG垂れ乳習慣を学びましょう。

2016年8月
美容

あれ、おっぱいが下がってきたかも?!

垂れ乳を防ぐために、今からバストケアしなきゃ!

おっぱいは大きいことよりも丸いお椀型の形、やわらかそうな質感のふんわりバストであることが大切です。そのためにバストアップよりも、垂れないための形キープを心がけるべきなのです。

Photo by freestocks.org / Unsplash

今、バストケアをおろそかにしていると、10年後は残念おっぱいになってしまいます。そこでいくつになってもふんわり美乳でいるための習慣を学んでいきましょう。

ブラの威力を舐めるな!バストトップで印象を変える究極の「育乳ブラ」3選

暑い季節は特にブラジャーの締めつけ感が嫌で「ブラトップ」を着用している人も多いのでは?いまだ人気が衰えることのない商品ですが、便利だからといって毎日着用していると、後々大変なことに!今回は、垂れてしまった&小さい胸でも改善できる育乳方法についてまとめました。
3345

今から始めるOK美乳習慣

1.正しい姿勢、ちゃんとできてる?

猫背になったりデスクワークで前屈みになったりと、つい姿勢が悪くなってしまう人はいませんか?姿勢が悪いとバストが垂れ下がってしまいます。

Photo by Christopher Campbell / Unsplash

常に背筋は伸ばし、胸を張るような姿勢を意識しましょう。正しい姿勢だと胸が美しく見えます。それをキープすることで、美しい形もキープできるのです。

2.体を冷やさないのが基本

体を冷やしてしまうと全身の血行が悪くなります。胸の血流も悪くなるわけですから、ハリがない胸になってしまいます。暑い季節は冷たい食べ物、飲み物のとりすぎで体を冷やすので、気をつけましょう。

Photo by Hanna Postova / Unsplash

また胸元を直接冷やすことも良くありません。オフショルが流行っていますが、冷房が強く当たるときなどは何か羽織って冷えを防ぎましょう。お風呂に入るときは肩までしっかり浸かることで全身の血流を良くします。

3.ふんわりバストを作る食生活

体の中から胸に良い栄養が豊富な食べ物を取り入れるのも効果的です。バストアップに良い女性ホルモンを分泌してくれる食品がおすすめです。

・女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン…大豆
・エストロゲンの分泌を高めるボロン…キャベツ、りんご

記事に関するお問い合わせ