無料の会員登録をすると
お気に入りができます

全国の冷え性さん、集まれ〜!“冷えない身体”を作る生活習慣10

ライフスタイル

■ビタミンE

ビタミンEは血管の健康を維持する栄養素です。血流を良くして冷え性改善につなげます。

Photo by Juan José Valencia Antía / Unsplash

うなぎ、いわし、アボカド、ナッツ類、かぼちゃなどに多く含まれています。

■ビタミンC

ビタミンCは鉄分の吸収を促し、貧血を防いでくれます。毛細血管の機能を保持する働きもあるため、手足など末端の冷え性の人にも積極的に摂ってほしい栄養素です。

Photo by Lesly Juarez / Unsplash

ブロッコリー、ピーマン、じゃがいも、キウイ、いちごなどに多く含まれます。

■ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝を促す栄養素です。糖質は体のエネルギーとなり、体を温めます。

Elena_Danileiko / Getty Images

豚肉、豆類、胚芽などに多く含まれます。またニンニクや玉ねぎに含まれているアリシンは、ビタミンB1の吸収を助けてくれるので、一緒に摂るのがおすすめです。

体を冷やす食品を控える

Photo by Heather Barnes / Unsplash

冷え性の方は、体を冷やしてしまう食品を控えましょう。例えばキンキンに冷やした水。夏が旬のトマトやきゅうり、なすなども体を冷やします。他にもレタスやバナナ、砂糖、油脂、お菓子なども体を冷やすので要注意です。

5.暴飲暴食も無理なダイエットもしない

食生活の乱れが冷えの元

暴飲暴食は、消化や吸収などで熱や栄養素が奪われてしまいます。逆に、無理なダイエットは体に必要な栄養素が摂れず、血行不良の原因となります。食べすぎも、食べなさすぎも冷え性の原因です。

morgan23 / Getty Images

食生活の乱れを見直し、体の内側から冷え性を改善しましょう。

記事に関するお問い合わせ