無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ひと夏の恋で終わらないために。余韻の残る女になる方法♡

夏は恋の季節。出会いも多いですが、ひと夏の遊びで終わってしまうのは避けたいですよね。そのために、女性側の心がけとして余韻の残る女になる方法をご紹介します。

恋愛・結婚

いい女、は余韻を残す。

ひと夏の恋で終わらせたくない♡

夏は恋が燃え上がる季節ですよね。出会いも多いですが、ひと夏で終わってしまうような切ない別れも多いです。せっかく出会った人なのに、ひと夏きりなんてもったいないとは思いませんか?

ひと夏でも余韻を残せる女性が、夏を越えても愛され続けるのです。そんな男性の好奇心を掻き立てる恋愛テクニックを学びましょう。

こんな態度、忘れられなくなる!

完璧すぎない、隙のある女に。

まず相手が心を開いてくれるかはこちらの態度で決まります。どんな美人でもつんとした態度であれば、男性は近寄ろうとはしないのです。

instagram.com

だからこそ“隙”を作ることが大切です。ポイントはいつでもやさしくほほえんでいること。笑顔であれば男性も話しかけやすいですし、ステキな人との出会いも引き寄せますよ。

いざというときに強い

ただ誘いやすい女性というのは、軽い女、都合のいい女なだけです。それだけではひと夏で終わってしまいます。そこに「思いがけない強さ」も持ちましょう。

ニコニコと笑顔だけれども核心を突くようなことを言ったり、自分の意見をはっきり言うなど。したたかな強さがあると「ほかの女性とは違う」と、男性は魅力的に感じてしまうのです。

簡単には手に入れられない、ほどよい距離感

会えば楽しそうに会話をするのに、去り際があっさりとしているなどそぶりが素っ気ない。自分のことをよく見つめてくるのに、ほかの男性と楽しそうに過ごしている。

このように簡単になびかない女性に対して、男性は「なんとしても振り向かせたい」と燃えるのです。近すぎず離れすぎずほどよい距離感を保ち、男性を焦らして夢中にさせましょう。

記事に関するお問い合わせ