無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ちょっと前に流行ってたやつ!今着ると「時代遅れ感あるアウター」って?

ファッション

寒さが身に染み、アウターが必要な季節がやってきました。
ですが、そのアウター今着ても大丈夫なアウターですか?

ちょっと前に流行っていたアウターを着てしまうと、とんでもないことに……
そこで今回は、今着てしまうと時代を感じてしまうアウターを4つ紹介します。

(1)MA-1でもロング丈はNG!

『なんだろう、すごくダサい……』(28歳/企画)

MA-1は本来ウエストまでの丈の長さになります。
ウエストまでのMA-1をアウターとして羽織る分については良いのですが、ロング丈は時代を感じてしまうアウターに。

ロング丈は人気のアイテムではありますが、時としては時代遅れなことも……
恥ずかしい思いをしないためにも、着ないことをおすすめします。

(2)大人の女性には不向きなスカジャン

『ちょっとわかめな印象になっちゃうかな』(29歳/不動産)

カジュアルな着こなしができるスカジャン。
どんなファッションにでも合うため、年齢や性別問わず人気のあるアイテムではありますが、大人の女性には不向きです。

年齢的にもアウトな上、デザインによってはイタすぎて見ていられないことも。
人目につく場所で羽織るのは危険そのものになりますので、出番は家以外ではないと思ってください。

(3)民族柄がインパクト大のカウチンカーディガン

『目立つしちょっと昭和のにおい』(27歳/輸入)

伝統的な民族柄が織り込まれたカウチンカーディガンは、少し前のトレンド。
デザインも可愛いため着ていても良いのですが、どうしても古さを感じさせてしまいます。

カウチン自体は民族衣装であるため問題ありませんが、その時に合わせたデザインだったりするため時代を感じさせてしまうのです。
ロング丈のカーディガンであれば、近所のスーパーくらいは問題ありません。

(4)内側がボアになっているデニムブルゾン

『おっさんが昔よく着てたよね?』(26歳/証券)

デニムブルゾンは定番なので問題ないのですが、内側にボアがあることが問題です。
内側がボアになっているファッションは秋冬の定番になってきていますが、内側がボアになっているデニムブルゾンを着るのはおじさんくらい。

これでは性別が変わってしまっています……
ボアのデニムブルゾンの出番はもうないので、クローゼットからおさらばすることが良いでしょう。

流行りものは一瞬で過ぎてしまいます。
その時を楽しむファッションとしては良いですが、この先もずっと着れる話とは別。

トレンドファッションはその年だけと割り切り、来年以降に持ち越さないことが一番です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ