無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なんで分からない?男性が「LINEを終わりにしたい」時4つ

恋愛・結婚

今回は、男性がLINEを終わらせたいときにする行動パターンを紹介していきます。
こんなメッセージが届くのは、彼のLINEを終わらせたい願望がピークに達している証拠かも!?

適度なLINEを心がけてしっかりと好感度を高めていきたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)一言になる

『もうLINE終わらせたいな~って思うと露骨に素っ気なくなっちゃいますね』(27歳/SE)

一言LINEは、まさにこの時間を早く終わらせたいという気持ちが強く出ている証拠!
かろうじて返信は届くものの、面倒くさいという気持ちが全面に出ているので、この場合はその気持ちをくみ取るのが吉!

ムリに続けると今後のLINEタイムにも影響を及ぼす可能性があるため、深追いは禁物ですよ。

(2)スタンプだけになる

『スタンプだけならもう終わりって感じがするじゃないですか』(26歳/営業)

スタンプがメインとなるLINEも、残念ながらお開きモード全開です。
会話を続けようとしない姿勢は、たとえどんな内容を送ったとしても簡単には覆すことができません。

この場合はムリにスタンプで会話を続けるよりも、一度リセットした方が彼の注意を引くことができるので、おさえておきましょう。

(3)疑問文がなくなる

『疑問文を送っちゃうとやりとり続いちゃうから、終わらせたいときは送らないですね』(31歳/広告)

疑問文がなくなるのも、1つの目安になります。
これ以上話が膨らまないようなるべくナチュラルな対応を心がけているようですが、女性からするとバレバレ……なんてことも。

彼から突然疑問文が消えてしまったら、こちらからLINEを切り上げるようにするといいかもしれませんね。

(4)返事が遅くなる

『返信を遅くすればなんとなく察してもらえるかなって思って』(29歳/建築)

女性に「忙しいのかな?」と察知してもらうために、突然返事が遅くなるケースもあります。
そのため5~10分置きに届いていたLINEの間隔が突然開いたら要注意。

間違っても、「返信が遅い」なんて怒ってはいけませんよ!

男性がLINEを終わらせたいときに見せる行動パターンは、分かりやすいものが多いです。
そのためこれらの気持ちを先読みすることができれば、理解ある女性を目指すことも十分可能!

LINEを終わらせたいという彼の気持ちを尊重することに目を向けて、2人の仲を一歩ずつ進展させていきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ