無料の会員登録をすると
お気に入りができます

覚えるのは3つだけ!ヨガでお助けバストメイク術

いつまでもハリのある美しいバストラインをキープしたいなら、今始めるべきはヨガ!そこで今回はバストが垂れる原因に焦点を当て、それに応じたヨガを3つまとめてご紹介いたします。

2016年8月
美容

おっぱいの位置、下がっていない?

バストアップにはヨガが効果的♡

なんだか最近ふと「昔と比べてバストの位置が垂れているかも!」と気になったことはありませんか?実はそれもそのはず、バストの位置は加齢とともにどんどん垂れてしまっているのです。

そこで今回はそんなバストの位置をキープするために覚えておきたい「3つのヨガ」を、バストが垂れる原因別にまとめてご紹介いたします。ぜひチェックしてみてくださいね。

原因①:胸の筋肉が衰えてきている

弓のポーズでしっかりと胸の筋肉を鍛えよう!

筋肉の衰えが原因で胸が垂れてしまったという場合、しっかりと胸の筋肉を鍛える弓のポーズが最適!胸の重みを支える大胸筋と小胸筋がまとめて同時に鍛えられます。

①うつ伏せの状態で両膝を折り曲げる。それぞれの足首を外側からつかむ。
②上半身を反らせながら、両膝を伸ばすように高く持ち上げる。この時、息を吸いながら行うのがポイントです!

③頭を上に持ち上げ、目線は鼻先へ落とした状態で、5呼吸程静止する。腰に痛みを感じない程度で静止するようにしましょう。

原因②:胸が脇に逃げている

戦士のポーズIで脇周りの筋肉を刺激する

また胸についていた脂肪が脇や背中に逃げてしまっているという場合、おすすめなのが戦士のポーズⅠ と呼ばれるポーズ!前鋸筋という脇周りの筋肉を効果的に刺激し、脂肪を正しい位置に戻すことができるのです。

①両膝を揃えて立ち、片方の足を前へ大きく踏み出す。
②息を吐きながら前足の膝を曲げていき、その足のかかとの真上に膝がくるようにする。

③息を吸いながら両腕を上に上げ、手のひらを合わせる。この時、腕はまっすぐ上げるように意識します。
④両腕にバランス良く体重がかかるようにし、腰を伸ばす。視線は上にしましょう。

原因③:姿勢の悪さ

姿勢の改善には牛の顔ポーズが聞く!

さらに猫背などの姿勢の悪さが原因で胸が垂れてしまっているなら、牛の顔ポーズと呼ばれる肩〜背中全体を鍛えるヨガがベスト!曲がった背筋が改善され、続けていくうちにバストトップが高くなることを実感できます。

記事に関するお問い合わせ