無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あっ…察し…男にウザがれるダメ女子LINE4選

恋愛・結婚

男性目線でウザいと思われるLINEは、案外無意識のうちに送ってしまっています。
そして誰も「ウザい」とは言ってくれないからこそ、気付いていない場合も。

今回は男性にウザがられるダメ女子LINEを4つご紹介していきます。

(1)自分から自撮りを送る

『何も求めてないのに自撮りが送られてくると引いちゃいますね……』(28歳/広告)

好きな女性の自撮りは、男性目線ではご褒美です。
でもこれはあくまで「男性から求めた場合のみ」といえます。

女性側から一方的に送り付けられる自撮りは、ただの承認欲求の塊。
求めていないのに送られると、どれだけ可愛くても「自分が好きなんだね、はいはい」と思われます。

(2)とにかく長文

『長文が送られてくるとそれだけで面倒くさく感じる』(26歳/飲食)

LINEの画面を開いたら、文字がびっしり。
几帳面で真剣に伝えたいのは分かるけど、男性からすると「重い」「面倒」と思われる原因になります。

とくに「スクロールするほどの長文」は、ほぼ確実に内容をしっかり見てもらえません。
手軽に送れるからこそ、長文にならないように注意しましょう。

(3)共感ありきの内容

『共感してほしいんだろうなって思える内容が送られてくると、かなりウンザリする』(28歳/商社)

女性が取るコミュニケーションには「共感すること」が前提であることが多いです。
ところが男性が共感するためには、意識的に振る舞う必要があります。

男性に対して共感ありきの内容を送り付けるのはNG。
「いいね」「素敵」「可愛い」「羨ましい」といった言葉を求めているのは、簡単に見抜かれてしまいます。

(4)ネガティブすぎる

『いつもネガティブすぎるとゲンナリしますね……』(28歳/不動産)

頼りにしている男性だと、ついつい相談事が増えてしまいがち。
シリアスな話も聞いてくれると、心が軽くなって、毎日が楽になります。

ところがネガティブすぎる内容を何度も相談すると、次第に男性も疲れ切るように。
男性を「ネガティブを吐き出すための相手」にしないように気を付けましょう。

LINEは相手がどんな受け取り方をするか分かりません。
LINEありきでコミュニケーションを取るよりも、会うまでの期間のつなぎとして考えるのがベストといえます。

普段の会話以上に細心の注意を払って、メッセージを送るようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ