無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が下を向いている時の心理5つ

犬と暮らしていると時々何かを気にしながら下を向くことがあります。犬はどのような状態の時に下を向くことが多いのでしょうか。理由を知ると愛犬への理解度を高めることができますよ。

ペット

1.相手を落ち着かせようとしている

犬の世界での『相手を見つめる』という行為には、『敵意がある』『ケンカを売っている』といった意味が込められていることが多いそうです。一方で、『視線をそらす』という行為は「僕は味方だから落ち着いて」「仲良くしよう」といった気持ちを相手に伝えているそうです。
ですので、もし散歩中に出会った犬に対して愛犬が下を向いて視線を逸らすことがあるのでしたら、平和的な関係を求めている可能性が高いといえるでしょう。

2.相手からの関心を逸らそうとしている

犬は基本的に叱られていることを理解できないといわれることが多いのですが、それでもイタズラをしたときやダメなことをしたときに「ヤバい!飼い主に怒られる!」と感じることがあるようです。なぜなら、イタズラをしている瞬間を飼い主に見つかった犬が下を向きながら「僕は何もしていないよ?」と一生懸命アピールしている姿をインターネットやSNSで度々見かけることがあるからです。

その姿はまるで怒られないように、飼い主から必死に関心を逸らそうとしているように見えるのです。もしかすると、本当に犬は下を向くことで反省しているアピールをしたり、「イタズラをしたのは僕じゃないよ」と知らんぷりをしたりしているのかもしれませんね。真実は犬のみぞ知るといえそうです。

3.自分の気持ちを落ち着かせようとしている

犬は相手を落ち着かせるために視線を逸らすだけでなく、緊張や不安を感じたときに自分の気持ちを落ち着かせるための方法として、下を見ながら『視線を逸らす』ことがあります。例えば、打ち上げ花火や雷などの恐怖を感じやすい音を聞いたときに愛犬が下を向きながら震えていたり、ジーっとしながら下を向いていたりすることってありませんか?

そういった場合は、愛犬が何かに怯えたり緊張したり……不安を感じている可能性が高いといえます。放っておくとストレスを溜め込む危険性があるので、ネガティブな気持ちになる原因を探って解決してあげる必要があるといえるでしょう。

4.気になるものを見ないようにしている

犬は気になるものがあるとき、自分の気持ちを逸らすために下を向くこともあります。例えば私の愛犬は私が食べている食べ物にとても興味を示すのですが、食べ物がもらえないと分かると一心不乱に下を向いたり、部屋の端っこを見つめたりすることがよくあります。

おそらく、一生懸命他のものを見つめることで自分の気を紛らわそうとしているのでしょう。何とも健気な犬の行動といえますね。

5.体調が悪い可能性

犬が下を向いているときは、体調不良や病気の可能性も考えられます。動物は痛みを我慢しやすく、痛みを和らげる方法としてジッと動かないで寝続けたり、背中を丸めたりするという仕草を行うことがあります。

私たち人間もお腹の調子が悪いときなどは、お腹の痛みを和らげるために背中を丸めながらお腹に力を入れることがありますよね?同じように犬の下を向くという行動は、背中を丸める(頭をお腹に向ける)という動作の1つとなり、お腹などの痛みを和らげるために行われることがあったりするのです。

ですので、愛犬が珍しく下を向くことがあるのでしたら体調不良や病気を疑った方が良いかもしれません。少しでも気になる場合は、念のため病院に連れて行ってあげることをおススメします。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ