無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どう対処する?苦手な人との付き合い方5つのヒント

2020年1月
ライフスタイル

苦手な人とはどう付き合うべき?

誰にでも何となく合わない人、苦手な人がいると思います。関わらずに済む相手なら良いですが、職場や親戚などどうしても付き合っていかなければならない場合、どう対処していくのが良いのでしょう。

Weedezign / Getty Images

今回は、そんな風にお悩みのみなさんのために、苦手な人との付き合いのヒントをご紹介していきます。ぜひ心に留めてみてください。

1、反面教師にしよう

大事なことを気づかせてくれる存在

苦手な人は、「こういう人には絶対にならないようにしよう」という反面教師として良い存在になります。自分を磨くために必要な良い出会いだったと思うようにすると、心が軽くなりますよ。

Compassionate Eye Foundation/Steven Errico / Getty Images

理不尽な態度をとられたり、キツイ言い方をされたりしたらチャンス。機嫌が悪いときには、誰でもやってしまう可能性のあることです。この経験から、自分も気を付けようと思うことができます。

例)
見下したような態度→自分も部下に対して偉そうな態度をとってるかも?
八つ当たりされた→イライラしたときには気を付けよう
嫌味を言われた→心の余裕がある人になろう

2、「嫌い」と決めつけるのはやめる

好き嫌いは相手にも伝染する

好意の返報性の法則をご存知でしょうか?返報性とは、「人は何かをしてもらうと、同じように返したくなる」という心理を表したもので、好き嫌いという感情にも当てはまると考えられています。

fizkes / Getty Images

あなたが相手のことを「嫌い」だと決めつけてしまうと、雰囲気や言葉の端々で伝わり、相手もあなたのことを嫌いになります。嫌いになれば、あなたへの態度はよりひどいものになり、関係は悪化していく一方。

undrey / Getty Images

苦手だなと思っても「この人が嫌い」と決めつけるのはやめましょう。そうすることで、相手があなたに示す態度が和らいでいきます。「こういうところが苦手」と部分的に考えることが大切です。

3、合わないのは仕方がないと諦める

合わない人は誰にでも一定数いるもの

世の中のあらゆる事象に当てはまる「2:6:2の法則」というものがあります。

記事に関するお問い合わせ