無料の会員登録をすると
お気に入りができます

星座にもあった♡あなた守る美しい宝石たちとロマンティックな意味

なじみの12星座。実はそれぞれの星座を守護してくれる宝石があるってご存知ですか?あなたを守って導いてくれる宝石で幸せを手に入れられるかも♡

2016年9月
ライフスタイル

あなたの守護石、知ってる?

メインとサブに込められた2つの想い

天空には88の星座があり、お馴染みの12黄道星座はその中の12星座です。古代ローマ時代、エジプトの天文学者のプトレマイオスが星座を作り残したそうです。

そして誕生月に誕生石があるように、12星座にも守護石と呼ばれる宝石があるのです。星座に合わせて神秘的な宝石があなたのお守りになるなんて素敵ですね。

星座の守護石はメインストーンとサブストーンがあり、1つの星座にいくつかの宝石があるのが嬉しいところ。きっとあなた好みの石に巡り合えるはず♡日本の守護石を紹介します。

①おひつじ座(3/21~4/19)

メイン:熱情・純愛を表すルビー

おひつじ座のメインストーンは、7月の誕生石で熱情や純愛を意味するルビー、繊細や豊かな感受性を意味し古代インカ人が愛したインカローズ、生命力や秘めた情熱を意味するガーネット、カーネリアンなどがあります。

サブ:ダイヤモンド、サファイヤ、ブラッドストーン

サブストーンは、ダイヤモンド、冷静沈着をもたらしてくれるサファイア、濃緑色の石の中に赤の斑点が混じっているブラッドストーンなどがあり、情熱を感じる宝石ばかり。

②おうし座(4/20~5/20)

メイン:クレオパトラも愛したエメラルド

おうし座のメインストーンは、安定、明晰、満足の意味を持つクレオパトラも愛したエメラルドのほか、ラピスラズリ、トパーズ、恋の成就を意味するマラカイトなどがあります。

サブ:海のお守り♡アクアマリン

記事に関するお問い合わせ