無料の会員登録をすると
お気に入りができます

手が汚れないうえに見た目もキュート![DAISO]の「つくねトング」でマンネリしがちな鍋をイベント化!?

100yen

大食い&ガサツという性分が災いして、おにぎりを作ったり、肉ダネを丸めたりすると、通常よりもかなり大きく、イビツになってしまいます。

家族からの「食べにくい」というクレームは笑ってスルーできますが、肉団子やつくね、つみれなど「これ、まだ火が通ってない!」という指摘には反省することしきり。そうか、デカけりゃいいってもんじゃないんだ…(今さら?)。

でも、ひき肉やすりみって手や指にベチャベチャくっつくから丸めにくいし、いちいち手をぬらしたり洗ったりするのは面倒くさいし。

そんな悩みを解消してくれる調理グッズが【DAISO】にありました。

「つくねトング」、100円(税抜き)です。

長さ約11cmのステンレス製のハンドルの先に、直径約4cmの黒い球形がついています。

これで肉ダネをすくって、フリフリすれば〝きれいに丸く作れる!〟のだとか。んまぁ、手が汚れないなんてスバラシー♪

一時期流行った〝フリフリおにぎり〟の肉ダネバージョンみたいな感じかなと思ったら、パッケージにも「肉団子に」「つみれに」「ミニおにぎりに」と、しっかりアピールされていました(笑)。

トング先端のスプーン部分はナイロン製で、内側がくっつきにくいようエンボス加工してあります。

ホントにフリフリするだけで、くっつかずに肉ダネが丸くなってくれるんでしょうか。

これはもう検証するしかありません。

というわけで、鶏つくね作りでトライ! ひき肉の中でも、鶏って水分が多いからか、やたら手や指にくっつく粘着度?が高いと、ひそかに思っていたからなんですが(笑)。

ボウルに肉ダネを作ったら、使用方法を見ながら検証開始!

まずは、トング先端の片側に一杯程度を目安に肉ダネをすくいます。

続いて、トングの外側についた肉ダネをスプーンなどで取り除きます。

え、これ何げに面倒な…と思ったら、「外側に肉ダネがついていると、トングを振った際に飛び散る恐れがあります」の1行に、たしかに!と納得。あ、危ないとこだった(苦笑)。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ