無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬はお留守番している時、何をしてるの?

ペット

1.飼い主さんを探す

出かけた直後にオロオロしちゃう

飼い主さんが出かけてしまった直後、犬は寂しくてオロオロしてしまうことがあります。家の中のいたる部屋をウロウロして飼い主さんを探し回る子も。まだお留守番に慣れていない子や、飼い主さんへの依存心が強い子の場合に多く見られます。

犬はひとりぼっちだと不安になる

犬は集団で生きる習性がある動物なので、ひとりぼっちに不安を感じやすいです。犬はお留守番をすることはできますが、長時間に渡ってひとりぼっちでお留守番をさせることは好ましくありません。特にお留守番に慣れていない子や、飼い主さんと一緒にいないとパニックになってしまう「分離不安」の症状がある子には注意が必要です。

まずは10分から慣れてもらう

お留守番のトレーニングの中で「ここはひとりでも安心な場所だよ」「飼い主は必ず帰って来るよ」ということを犬に理解してもらい、まずは10分程度からひとりでいる時間を慣らしていきましょう。

遠吠えをすることも

通常の鳴き方とは違う「ウォーン!」というサイレンのような遠吠えの鳴き方は、遠くにいる仲間や他の群れと通信するための鳴き方です。遠吠えにはいくつかの意味がありますが、不安な時やストレスが溜まっている時にも遠吠えをします。

お留守番でひとりぼっちになってしまった時、遠くにいる飼い主さんに「寂しいよ」「助けて」という気持ちを伝えようと行うことが考えられます。また、遠吠えをすることでストレスを発散することもあります。

2.窓の外を眺める

自宅警備隊として

飼い主さんが出かけて留守になると、犬は「今は自分が守らなきゃ」という気持ちで家の中を守ろうとすることがあります。そのため、外から危険が迫って来ないか、何か異変はないかなどをチェックしながら外を眺めることがあります。お留守番時に吠え続けてしまう子は、飼い主さんの不在で神経質になっている可能性があります。

外の様子が気になる

ひとりでのお留守番は退屈なので、窓の外を観察して暇つぶしをすることもあります。外を歩く人や行き交う車、鳥などに興味があるのでしょう。ひなたぼっこも兼ねて、外を観察してのんびりと過ごすことも。

飼い主さんの帰りを待っている

犬はお散歩をするので、家の外のことをある程度知っています。そのため、出かけた飼い主さんが外から帰って来ることも知っているのです。お留守番に慣れている子なら、飼い主さんの帰宅時間が近くなると「はやく帰ってこないかなぁ」という気持ちで外を眺めて待っていることもあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ