無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シーンに合わせて「上・中・下」♡お団子の高さ別アレンジ

ヘアスタイル

真ん中の「中」お団子

オフィスにぴったり♡

www.happilygrey.com

少し高さを下げて耳よりちょっと上程度にすると、大人っぽく落ち着いた雰囲気に変わります。シンプルな大人スタイルによく合うので、オフィスでのスタイルにもぴったり。

基本の作り方

こちらの動画が分かりやすいです。髪を結んでお団子を作り、あとはお団子を指で引っ張りゆるくしていきます。はみ出た毛は指でくるっとねじってお団子の中にピンで固定。

頭のトップ部分や耳周りからも髪を引き出し、ゆるい印象に崩していきましょう。髪の量が長い方はゴムの周りを隠すように髪を巻きつけるとGood。

三つ編みや編み込みのアレンジが可愛い!

Vesnaandjic / GettyImages

中くらいの高さのお団子は、サイドの毛を三つ編みや編み込みにしてアレンジするスタイルとも相性抜群。はやりの「くるりんぱ」などと組み合わせやすいのもこの高さ。

アクセが活躍!

Alter_photo / GettyImages

飾り付きのヘアピンを刺すのにもこの高さがベスト!季節感のあるアクセやバレッタなど大きめのヘアアクセ、バンダナやシュシュに着物のかんざしまでなんでも似合います。

低めの「下」お団子

デートなど、上品さを出したい時に

JGI/Jamie Grill / GettyImages

耳下位置の低めお団子は女性らしさやしっとり感、上品さがぐっと出ます。ちょっとシンプル過ぎてしまったら前髪から一緒に編み込んでいくのもおすすめ。

低めお団子の作り方

基本は上のお団子や真ん中のお団子と同じで、低い位置でお団子を作るだけ。くるりんぱやギブソンタックを使ってアレンジもできます。

LiudmylaSupynska / GettyImages

こんなやり方も面白いのでご紹介します。ポニーテールにしたら髪を二本に分けて髪の先で結びヘアピンをゴムに刺します。(STEP3の画像) ヘアピンを軸に髪をクルクルと上に向かって巻いていきます。

記事に関するお問い合わせ