無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これがプロの健康管理! ママ美容師に聞いた、10年以上風邪をひかない秘訣

ライフスタイル

うがい手洗いに+α

日々のうがい手洗いは当然のことですが、それに+αとして鼻うがいをしています。
鼻うがいをする際に使っているのが『小林製薬 ハナノア』。

鼻うがいと聞くと「痛そう!」というイメージがあると思いますが、ハナノアは使っても鼻にツーンとした痛みを感じないんですよ。
鼻うがいは、慣れるまで最初のコツがいりますが、やり続けているとコツをつかめるようになります。今では帰宅後にハナノアしないと鼻がスッキリしないほど!
病気が流行しやすく空気の乾燥が激しい冬は、鼻うがいを旅先でも欠かさないですし、花粉の季節にも鼻うがいが効果的なのでおすすめです(高倉さん)

体内温度をアップさせる

体温を36.5度〜36.7度にキープできるように、体の内側から温まるものを積極的に飲んでいます。
白湯は水の替わりに、のどが乾いたら積極的に飲み、毎朝『あま酒』をコップ1杯は飲みます。

飲む点滴といわれているあま酒は、栄養が豊富で体力の回復にも効果的。飲み始めてから、体温も安定して腸内環境も整い、美容にも効果大! 肌トラブルも減るのでおすすめです。

寒気を感じたり、のどに違和感を感じたときには、『ルーヴルドーレヴィ インナーエステメルモ』を1日1本を続けて10本、1ケース飲むようにしています。エンザミンを主成分に、ツバメの巣エキスも高配合。体の不調を感じた日の夜に飲んで寝ると、体調の回復が早いので助かっています。

それから、喉の奥が乾かないようにするために、移動中など白湯がすぐに飲めないときには、飴をなめるようにしています。
日々の生活のなかで、自分の持つ治癒力で回復できるようにすることを、習慣づけた生活を心がけています(高倉さん)

いかがでしたか? 体内にウイルスや細菌を持ち込まないために、高倉さんは鼻やのどの状態をよくしておくことはもちろんのこと、ちょっとした異変にも速やかに対応し、体の声を聞き逃さないことが、元気の秘訣といえそう。ぜひ高倉さんを見習って、いつでも健康を目指しましょう!

取材・文/高田空人衣

☆「FYTTEダイエット&ヘルス大賞2020」の第1弾アンケート回答を実施中!

令和最初のFYTTE大賞No.1アイテムを決めるのは、みなさんです! アンケートに答えて、ドライヤーやエクササイズマシンなど豪華なプレゼントを当てましょう。
(第1弾アンケート回答期限:~2020年1月30日(木)23:59まで)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ