無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カチカチお腹注意報!3つのタイプ別・お腹をほぐすマッサージ

お腹がカチカチに硬くなるのは不調のサイン!健康で美しい身体を手に入れるにはお腹をほぐしてあげることが大切です。ここではタイプ別におすすめのマッサージ法をご紹介していきます。1回だけでも身体が温まりすっきりするのがわかりますよ。ぜひトライしてみてください。

2016年9月
美容

触ってみて!カチカチお腹に要注意

不調のサインかも

お腹を触ってみたときに、カチカチに硬い状態になっていませんか?実はそれは不調のサインなんです!

硬さの原因は、胃や肝臓の疲れ、小腸や大腸の機能低下による便秘、内臓下垂など場所によってさまざまなことが考えられます。

デメリットがたくさん!

いずれにせよお腹には多くのリンパが集まっているため、ここが硬くなると全身の血液やリンパの巡りが非常に悪くなります。冷えや何となくだるい状態が続くのはそのためかもしれません。

さらにお腹が固いと呼吸も浅くなってしまいます。自立神経が乱れ、イライラしたり上手く眠れなくなったりする原因に。

自覚症状がない人がほとんど!

これほどまでにデメリットがある硬いお腹。しかし、自分のお腹が硬いという自覚を持っている人は非常に少ないのが現状です!

まずは、お腹の硬さをチェックしてみましょう。

お腹の硬さをチェックする方法

仰向けに寝て膝を立てます。両手の指3本ずつを重ねお腹をぐーっとゆっくり押していきます。1センチ程度沈むようであれば問題ありません。1センチも満たないうちに痛みがある人はお腹が固くなっています!

お腹のどこが痛いのかチェックしてみましょう。それによって弱っている器官がわかりますよ。

タイプ1 肋骨近く:胃や肝臓の疲れ(食べ過ぎ、添加物のとりすぎなど)
タイプ2 おへそ周り:小腸の機能低下(冷え、ストレスなど)
タイプ3 下腹部:大腸の機能低下、内臓下垂(便秘、運動不足など)

お腹を優しくほぐしていこう!

不調を改善するには、機能が低下している器官をほぐしていくことが大切です。これは古くから東洋医学で用いられている施術の1つでもあります。

記事に関するお問い合わせ