無料の会員登録をすると
お気に入りができます

プラス1が綺麗を作る♡覚えておきたい「メイクの一手間」9選

崩れにくいメイクやナチュラルさは、実はほんの一手間から生まれます。ほんのちょっとだけ手を加えて、メイクの完成度をあげるコツをご紹介します。

メイク

あか抜けるコツは「ほんの一手間」

ベースもメイクも基本通りにしているはずなのに、何か少し足りない気がする。そういう風に感じることはありませんか?

もしそうであれば、気になるパーツに今日から一手間を加えてみてください。ほんの数分手を加えるだけで、メイクの完成度が変わってきます。

ベース作り

①ティッシュパックで保湿

メイク前のスキンケアは、どんなに忙しくても時間をかけるだけの価値があります。

美容家のイッコーさんも推奨する「ティッシュパック」は、化粧水に浸したティッシュペーパーを顔に1~2分パックするだけの簡単なものなので、ぜひお試しを。

②化粧下地は指を使って

下地は、指を使って塗りにくいところまで丁寧に塗ると、仕上がりに変化が。

余分な力の入らない中指と薬指を使って、鼻の横や唇横なども丁寧に下地を塗り込んでいきます。均一に薄くのばしていくことも、後のファンデーションをうまくのせるコツ。

③ハンドプレスでツヤ感プラス

化粧水を顔にパッティングした後や、メイクアップベースの後は、顔を手のひらで包むように行うハンドプレスが効果的。

化粧水は成分を肌に浸透させ、メイクアップベース後であれば、手の温度によって肌にツヤ感が生まれやすくなります。

リップメイク

④口紅の前にリップバームを

これから訪れる乾燥の季節。口紅をつける前のリップバームは必需品です。

記事に関するお問い合わせ