無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベタベタしない!…お家デートで「彼をもっと惚れさせる」行動4つ

恋愛・結婚

料理へのこだわりを見せる

「彼女がうちに遊びに来たときのこと。料理を作るのが趣味だから、夕食を作ってくれました。しかし、何か手伝おうと思って、お米を研ごうとしたら、止められて……。
なんでも、こだわりの研ぎ方があるようで、素早く研いで、素早く水を捨てることで、美味しく炊き上がるんだとか。本当に料理が好きなんだなと感心しました」ショウタ(仮名)/29歳

料理を作れば、感謝されますが、こだわりを見せることで、さらに感心させることもできるよう。それが、あらためて惚れ直すことにもつながるようです。

二人が盛り上がる音楽をかける

「彼女の家で、軽くお酒を飲んでいたとき。彼女が音楽をかけてくれたのですが、それが青春時代によく聞いていた曲ばかりで、俺のテンションはググっと上がり……。
彼女も同世代なので、共感する部分がたくさんあって、思い出話でも盛り上がり、気が利く子だなとも思いました」ケンヤ(仮名)/28歳

自分の好きな曲をかけるのではなく、共感できるものを選ぶのは、気の利いた行動ですよね。共通の趣味の話はもちろん、こういった同じ時代に聞いていた曲の話も盛り上がるようです。

写真をプリントして飾る

「彼女の部屋に初めて行ったとき。パッと目についたのが、2人で撮った写真でした。スマホで撮ったものをわざわざプリントして、フレームに入れて飾ってたんです。
思い出を大事にしてくれていて、嬉しかったですね。俺も彼女を大事にしないといけないって思い直しました」(仮名)/30歳

スマホで撮った写真はいつでも見返せるので、わざわざプリントすることは少ないですよね。ただ、その手間をかけることで、思い出を大切にしている様子が伝わり、彼もその気持ちに応えたいと思うわけです。

ベタベタしすぎない

「彼女の部屋にたまに行くんだけど、あんまりベタベタしてこないんです。多少くっついてくるぐらいで、しつこくない。
その感じがすごくいいんですよね。居心地がいいから、また来たいなって思っちゃいます」ユヅル(仮名)/26歳

2人きりだと、どうしてもベタベタしたくなってしまうでしょう。それが四六時中だと、さすがに彼も負担に感じます。居心地がいいと感じてもらうには、あまり干渉しすぎないこと。それが、惚れ直すことにもつながります。

“お家デートで彼をもっと惚れさせる行動”をご紹介しました。

部屋でただのんびり過ごすのもいいですが、要所要所ポイントは押さえておきたいところ。彼に、傍にいたいと感じてもらえれば、もっとあなたから離れられなくなるでしょう。

©Dean Drobot/shutterstock
©Narith Thongphasuk/shutterstock
©OndroM/shutterstock
©VGstockstudio/shutterstock

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ