無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お使いのブラウザは現在サポートされていません。

一部の機能が正しく動作しない、表示が崩れる可能性があります。

より快適にご利用いただくために、ブラウザをアップデートしてください。

プチ不調にさよなら♡劇的に変わるちょっとした7つの「寝る前習慣」

ライフスタイル

プチ不調は自立神経の乱れが原因!?

AlessandroPhoto / Getty Images

だるい、冷える、疲れが抜けない、イライラする...そんな女性に多いプチ不調は、自立神経の乱れが原因かもしれません。

交換神経・副交感神経のバランスが大事!

自立神経は、血液循環や体温調節、消化、排泄、免疫といった機能を調整していて、交感神経(興奮・緊張状態)と副交感神経(リラックス状態)の2つで成り立っています。

g-stockstudio / Getty Images

忙しい日が続いたり、ストレスで緊張がとけなかったりすると、交感神経ばかりが優位になり、自立神経のバランスが崩れます。それが、さまざまな不調に繋がるのです。

Jasmina007 / Getty Images

つまり、今抱えているプチ不調を改善するには、交感神経と副交感神経のバランスを上手にとることが大事!そこで今回は、寝る前にできる自律神経を整えるための習慣をご紹介していきます。

プチ不調改善!7つの「寝る前の習慣」

①部屋・スマホの明かりを暗くする

目から強い光が入ると、脳は興奮状態のままになってしまいます。就寝前に、副交感神経を優位にしてリラックスするためには、全体的に明かりを暗めに設定するのが効果的です。

Westend61 / Getty Images

暖色系で落ち着きのある照明を使ってみると良いですよ。スマホの明かりは20時以降は暗めにするなど、設定を変えておきましょう。

②ちょっぴり甘いドリンクを飲む

甘いものを口にすると、ほっと心が安らぎ幸せな気持ちになりますよね。夜は、ちょっぴり甘いドリンクを用意して、リラックス状態へと導きましょう。

Szepy / Getty Images

ただし、コーヒーや紅茶などのカフェインが含まれるドリンクは、交感神経を優位にしてしまうので避けてくださいね。ホットミルクやしょうが湯、甘酒などがおすすめです。

今日も一日お疲れさま♡飲んでホッとする「ホットドリンクレシピ」15選

そろそろ冬の寒さも本格的になってきました!暖房や衣類で外側から温めるだけでは限界があります。そんな時にはホットドリンクがおすすめ。ホットドリンクの中には冷え性や腸活、お通じなどにも効果的なものも。リラックス効果もあるので、ぜひお試しくださいね。
2415
記事に関するお問い合わせ