無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アナログな手書き手帳がいいの♡話題の「バレットジャーナル」って?

インテリア

海外発のバレットジャーナルって?

アナログな手書きの手帳

日本でも「ほぼ日手帳」が近年ブームですが、海外では手帳を自分流にカスタマイズするバレットジャーナルが大人気!真っ白なノートに、スケジュールや自分の好きな項目を手書きで作っていく手帳なんです。

インスタでも話題沸騰中

日本でもじわじわ人気が出ていて、#バレットジャーナルのタグには約900件もの投稿が寄せられています。中身を覗くとこんな感じで、自分だけのオリジナル手帳が作れるんですよ。

気楽に。毎日書く必要はナシ

www.pexels.com

バレットジャーナルは1年分すべてを作らず、少しずつ書き足していく楽しみがあります。日付入りの手帳だと続かなかった人も、書きたいときだけ気ままに続けられるのがメリット♡さっそく作り方を見ていきましょう。

バレットジャーナルを作ろう!

準備するもの

Rawpixel / GettyImages

必要な物はノートとペンと定規。あとはお好みで付箋やクリップなど用意してください。無印良品の物や、紳士なノートも使いやすいとインスタで評判です。

紳士なノート! A.Silky 865 Premium A5

¥ 972

滑らかな書き心地と、開いたときに平らになるのが使いやすいとの声。カラーバリエーションはブラック・ブルー・レッドの3色。

商品詳細
紳士なノート! A.Silky 865 Premium A5
www.online-marks.com
商品詳細

①インデックスを作る

まずINDEX(インデックス)と呼ばれる、見出しの目次ページを作ります。項目を箇条書きして、ページ数を書き込んでください。

バレットジャーナルの手順
記事に関するお問い合わせ