無料の会員登録をすると
お気に入りができます

大人のセンスで差をつけろ♡結婚式のドレスコードをおさらいしよう

結婚式にお呼ばれ。ドレスアップできる場では、とびきりのオシャレをしたいものですが、大人としての常識もわすれてはいけません。結婚式のドレスコードをおさらいし、大人のファッションセンスを見せつけましょう♡

ライフスタイル

良識のある大人になろう♡

年齢を重ねると結婚式にお呼ばれする回数も激増し、式の内容も少しずつ豪華で洗練されたものになっていきます。ですから、ゲストとして参加するときは、とびきりのオシャレをしようと志す人も多いと思います。

しかし洗練された大人の結婚式だからこそ、自分の着たいものだけを組み合わせただけのオシャレは大失敗に繋がってしまいます。大人女子として輝くため、知的で上品な良識のあるオシャレにトライしたいものです。

wear.jp

結婚式に参列する際の常識と、周りに差をつけるオシャレのヒントをご紹介します♡

結婚式のドレスコード

白に見えるカラーもある

wear.jp

結婚式のゲストとして参列する場合、白のドレスを避けることは常識中の常識です。しかし会場の照明によっては、白に見えてしまうカラーがあることを知っている女性は少ないようです。

wear.jp

シャンパンゴールドやピンクベージュなどは、昼間の日光の下ではカラーを識別しやすいものの、薄暗い会場や夕方から夜にかけてのパーティなどでは白く見えてしまう場合があります。

黒ばっかりでまるでお葬式

wear.jp

黒いドレスは何にでも合わせやすく、スタイルアップ効果も高いために、結婚式に参列する場合に選ぼうとする人も多いと思いますが、他のゲストとの黒被りには注意が必要です。

男性のゲストはダークカラーのスーツを着用している人が大半です。ですから、同じテーブルの中に2人以上黒いドレスの女性がいるだけで、まるでお葬式の参列者のようなカラーバリエーションになってしまいます。

wear.jp

誰かは必ず黒いドレスで参列することを考えると、他の色のドレスで参列するのがベターです。ゲスト席を華やかにするためにも、シックでモードすぎるコーディネートは避けた方がいいでしょう。

記事に関するお問い合わせ