無料の会員登録をすると
お気に入りができます

貯まらない人必見!今すぐできる「家計見直し3ステップ」

節約・マネー

サンキュ!STYLEライターのしばです。

貯金すると決めたのに、結局また貯められなかった……なんてことありませんか?お金とうまくつきあうコツは「無理をしないこと」。今回は、だれでも簡単に貯める家計に見直しできる3ステップをご紹介します!

家庭の支出は「固定費」と「変動費」に分かれる

家庭の支出は、「固定費」と「変動費」の2つに大きく分けることができます。

「固定費」とは「毎月必ず支払うお金」のことで、家賃や住宅ローンなどの住居費、保険料、通信費、子どもの習い事や塾代など。

反対に「変動費」とは、「毎月の支払い額が変化するお金」のこと。たとえば、食費や日用品費などの生活費、美容費や娯楽費、ガソリン代やレジャー費などです。

【家計見直しステップ1】固定費を見直す!

節約というと「変動費」を減らすイメージがありますが、じつは「固定費」を見直すほうが効果的!

固定費は毎月支払いがあるものなので、一度見直すだけで継続的に節約効果が期待できます。
なにより変動費と違って毎日の生活が窮屈にならずにすむので、無理なく家計を縮小することができるんですよね!

固定費をこれ以上減らせない……と感じるかたに見直してほしいのが、「携帯代」と「保険料」!

この2つは次々と新しい商品や、よりお得なサービスが出てきています。携帯を大手キャリアから格安スマホ(スマートフォン)に乗り換えたり、保険も契約内容の見直しや余分な保障をカットしたりすることで、月々の支払いを節約することができますよ。

住宅ローンも乗り換えでよりお得になる場合もあるので、窓口で相談するのもいいですね。

固定費って見直しに手間がかかるのため、どうしても手つかずになりがち……でも一度やってしまえば長期的な節約になります!ぜひ検討してみてくださいね。

【家計見直しステップ2】先取り貯蓄にする!

貯金ができる人が必ずしているのが、「先取り貯金」!

手取り収入から先に貯金額を差し引いておくことで、確実に貯金を増やせるというのがいちばんのメリットですよね。

しかし、ここで注意してほしいのが貯金する金額の決め方!

多めに貯金へまわしたものの、結局月末に不足が出て引き出してしまった……では元も子もありませんよね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ