無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心優しい人の家が「汚い家」になってしまいがちな3つの理由

インテリア

整理収納アドバイザーのMIYUKIです。

お片づけを始めると、だれでももっともたいへんな作業にぶつかります。それは「捨てる」という作業です。

部屋がごちゃごちゃしている……、いらないものが多い、スッキリしたきれいな部屋に住みたい!そう思ってお片づけを始めても、やっぱりものが捨てられないという人も多いと思います。

今回はものが捨てられない、減らせないと悩んでいる人の多くに共通する、3つのことについて解説します。

1:「もったいない」という考え

捨てられない理由の1つは「もったいない」という考えです。
「高かったし」「いつか使うかも」「自分では使わないけれど、だれかが使うかも」だから、「もったいない」!

しかし、ものの多くは使うことが目的です。使われずにしまい込まれているほうが、よっぽど「もったいない!」と思いませんか?

「高かった」と悩むそのものは「今!」使いたいと思えるものですか?
「いつか使うかも」と思うそのものを使うのは「いつ」ですか?
「自分では使わないけれど」と思うものは「だれが?いつ?」使ってくれますか?

「もったいない!」だから捨てられないと悩んでいる人は、ぜひものの要・不要の判断を「今」という現在進行形で考えてみてくださいね。

2:いただきものへの罪悪感

ひと昔前までいただきもので悩む代表格といえば、結婚式の引き出ものではなかったでしょうか?
私自身も友人の結婚式で立派すぎる食器をいただき、一人暮らしのアパートでしまい込んでいた経験があります。

今はカタログギフトが主流となり、あまり悩むことはなくなりましたが、ものをいただく機会は多々あると思います。

食べ物や飲み物など、消費しやすいものはまだよいのですが、贈ってくれた人の思い入れが強いものや、まるで趣味に合わないものは困ってしまいますね。

せっかくいただいたものだから……と処分することをためらってしまうかもしれません。
しかし、贈りものはいただいた時点で所有権は自分にあります。
自分のものなので、罪悪感を感じる必要はないのです。

むしろフリマサイトなどで、そのものを活かしてくれる人に渡るほうがものにとっても幸せではないでしょうか。

ものの多くは使うことが目的です。

いただきものだからと罪悪感を感じることなく、そのものを活かせる方法を考えてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ