無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そろそろ人間関係の整理しない?「いる友達・いらない友達」

ライフスタイル

負のエネルギーを与える友人関係は、自分が幸せになったり向上したりすることの足枷になります。

自分のことを誤解されている

Boy_Anupong / Getty Images

あなたについて、わかったような口をきく友達はいりません。色々と抱えている複雑な感情を知られたくないと、ミステリアスな自分を演じてしまうのであれば、それは本能で相手を拒否しているということです。「私はそんな人じゃない」と不快に思う前に関係を整理。

悪い友達は必要ない

Westend61 / Getty Images

明らかによくないと思っていても、こうなりたくないという戒めのために付き合う人も多いようです。それはいますぐやめるべき!悪くなることを研究することで、自分がさらに成長すること、魅力的になることはありません。

同じタイプの友達ばかり揃える必要はない

同じ色を持った友達だけと付き合うと、逆効果になってしまうので気をつけたいところ。視野が狭くなってしまったり、そのまま成長できなくなったりしてしまう可能性があるからです。

Satoshi-K / Getty Images

「楽しみを共有する友達」「慰めてくれる心の広い友達」「背中を叩いてくれる強い友達」など、場面で付き合う相手を選べるようになれば人生がかなり充実します。そういう大好きな友達はいつまでも大切に!

友達の前での自分がどんな人間かをよく知る

相手の前にいる時の自分はどんな自分か、そして自分がそんな自分が好きかどうかをよく知ることが大事です。強がってしまったり、キャラを演じてしまうようなら、疲れてしまうだけです。

FlamingoImages / Getty Images

本当の自分じゃないのになと違和感があるのは、本来の自分を見せられるような安心する関係ではありません。

色々な色を持った“好きな人”だけ

FlamingoImages / Getty Images

好きな人だけで周りを固めるのは悪いことではありません。特に、ある程度まで友情がよくわからずもがいてきた人はそろそろ整理するのが正解。年齢を重ねれば重ねるほど、重要な作業なんです。是非こちらを参考に、実践してみてください!

記事に関するお問い合わせ