無料の会員登録をすると
お気に入りができます

下半身デブを卒業!「膝歩き」をやめて綺麗に歩く3つのコツ

下半身デブを作っているのは、日頃から間違った歩き方をしているせいかもしれません。ここでは、正しい歩き方を身に着けるためのコツを伝授していきます。これを実践すれば印象がガラリ!全身のスタイルアップにもつながります。

美容

「膝歩き」になっていませんか?

ヒールを履いたときに、膝が曲がりずりずりと引きずるような歩き方になっていませんか?これは日本人女性に非常に多い間違った歩き方です。

足の動きに連動して、猫背になる、顎が前に出るといった姿勢の悪化も目立ちます。背も低く見えるので、全体的にスタイルの悪い印象になってしまうのです。

下半身デブを作る原因だった!

膝を曲げて歩くと太ももの筋肉が使われないので、太くなりやすい状態になります。骨盤も歪んでしまうので、それを支えるために下半身に余計な贅肉が増えてしまうことにも。

続けているとO脚になってしまう可能性もでてきます。美脚を目指すなら、今すぐに歩き方を改善すべきなんです!

海外ガールは歩き方が違う!

欧米やヨーロッパでは、膝を曲げずに歩いている人がほとんど。背筋をスッと伸ばし、手を振り大股で歩く女性が多く見られます。この歩き方には、足が長く見える効果もあります。

それに歩き方が美しいだけで、女性は何倍も魅力的に見えるもの♡男性の「なんかあの子いいな」をゲットする近道になりますよ。

綺麗に歩く3つのコツ

ここでは綺麗に歩くコツを伝授!まずは3つのポイントをおさえて実践してみてください。

①大股で歩く

最も大切なのは大股で歩くこと!いつもの歩幅の1.5~2倍ほどになるように意識してみましょう。内ももやお尻の筋肉もしっかりと働くようになります。消費カロリーもアップ。

小股で歩いていると内ももの筋肉が使われず太くなってしまうので要注意。骨盤の可動域も広がり、柔軟で巡りの良い身体に近づくことができます。

②目線を遠くにする

下を向いて歩いていませんか?猫背や二重あご、肩こりなどの原因になってしまいますし、見た目も美しくありません。アゴを軽く引いたまま目線をぐっと前に向けましょう。

記事に関するお問い合わせ