無料の会員登録をすると
お気に入りができます

加湿器が安く買える時期はいつ?買い時と選び方を家電の専門家が解説

ライフスタイル

ポイント1:加湿器のタイプを決める

加湿器は「スチームファン式」「気化式」「超音波式」という3つの加湿方式があり、それに加えて「気化式ハイブリッド(気化式+ヒーター)」「超音波ハイブリッド(超音波+ヒーター)」という2つのハイブリットタイプが存在します。

ヒーターで水を加熱して沸騰させて蒸気に変える方式で、イメージとしては、やかんでお湯を沸かすような状態。ただ蒸気を出すだけでなく、ファンを使って室内に送り出すタイプが主流になっています。蒸気が勢いよく出るので、加湿している実感が出やすいでしょう。

<長所>
・加湿のパワーが高く即効性がある
・水をいったん加熱するので衛生的

<短所>
・消費電力が他の方式に比べて大きめ(200W~500W程度)
・本体を倒したとき、熱い湯が漏れることがある
・定期的なカルキの除去が必要

水を含んだフィルターにファンで風を送り、水分を蒸発させる方式。ホテルに宿泊した際、水に濡らしたバスタオルを室内に干す――という乾燥対策がありますよね。気化式はほぼそれと同じ仕組みで、電気代が安いため長時間使う人におすすめ。節電意識の高まりもあり、最近はこの方式の製品が増えています。

<長所>
・送風のみなので消費電力が少ない(3W~20W程度)
・ヒーターを使用していないので、吹きだし口が熱くならない

<短所>
・急速に加湿をすることはできない
・定期的な加湿フィルターの交換または手入れが必要

気化式をベースにヒーターを併用しているタイプの加湿器もあります。湿度が低いときはフィルターに含んだ水分に「温風」をあてて加湿量を多くし、湿度が安定してきたらヒーターを切って「送風」のみで加湿を一定に保つというもの。

消費電力は気化式より大きいが加熱式よりは小さく、加湿のパワーも両者の中間。機能とコストのバランスがよい方式といえるでしょう。省エネ性は重視したいが、加湿スピードの速さも必要という人におすすめです。

水に超音波を当てることで微粒子にし、それをファンで送りだす方式。霧吹きをイメージするとわかりやすいでしょう。加湿装置がコンパクトなので、いわゆるデザイン家電などで多く採用されている方式です。一方で、タンク内の水をダイレクトに放出しているため、衛生面の管理が必須。衛生を保てないと吹きだす蒸気に雑菌が混ざりやすいです。除菌機構を搭載し清潔性に配慮されている機種も増えていますが、その分価格は高くなりがち。

<長所>
・消費電力が少ない
・小型でデザインがきれいなものが多い

<短所>
・水分中のカルキも空中に放出されるので、壁や天井に白いものが残ることがある。

超音波式をベースに、ヒーターを搭載したタイプもあります。乾燥時はヒーターで加湿パワーを高め、湿度が安定すると超音波のみに切り替えることで、超音波式の弱点をカバーしています。

ポイント2:部屋の大きさにあった加湿パワーを選ぶ

www.gettyimages.com

加湿器の能力は、室温20℃・湿度30%の時、1時間あたり何リットルの水蒸気を出すかを指標とした「ml/h」で表します。

この数字が大きいとより広い部屋をカバーできるわけですが、部屋の広さに対して数字が大きすぎると、過加湿になり結露の原因になることも。エアコンや空気清浄機とは違って「大は小を兼ねない」ので、使用する部屋に見合ったパワーを選ぶのがおすすめです。

加湿器のスペックには「適応床面積」が書かれているので、必ずチェックするようにしましょう。ちなみに「適応床面積」は室温20℃において、湿度60%を維持できる部屋の大きさが目安。「ml/h」との関係性は以下のとおりです。

◇◇◇◇◇◇
1000ml/k:プレハブ28畳/木造17畳
800ml/h :プレハブ22畳/木造13.5畳
700ml/h :プレハブ18畳/木造11畳
600ml/h :プレハブ17畳/木造10畳
500ml/h :プレハブ14畳/木造8.5畳
400ml/h :プレハブ11畳/木造7畳
300ml/h :プレハブ8畳 /木造5畳
※100ml/h以下の小型加湿器は、デスクまわりなど個人用途を想定
◇◇◇◇

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ