無料の会員登録をすると
お気に入りができます

卒園式、謝恩会でやってはいけない残念マナー

子育て
www.gettyimages.com

卒園式、謝恩会のシーズン。親子にとって「晴れの日」にするために、服装選びや当日のマナーについておさらいしておきましょう。厳かな卒園式でやってはいけないNG行動、謝恩会に参加する際に気をつけたい服装マナーについて、子育てアドバイザーの長島ともこさんが紹介します。

子どもの卒園式・入学式のスーツ、お金をかけますか?かけませんか?

長島ともこ
フリーエディター、ライター。育児、妊娠&出産の分野を中心に書籍、雑誌、WEBの編集、執筆に携わる。著書『PTA広報誌づくりがウソのように楽しくラクになる本』、新刊に『卒対を楽しくラクに乗り切る本』がある。認定子育てアドバイザー、All About「子育て・PTA情報」ガイド。2児の母。

長島ともこホームページ

卒園式の子どもの服装は? ママの服装は? 知っておきたい基本のキ

卒園式は「式典」であり、厳かな行事です。子どもも親も、「フォーマルな服装」が基本です。

子どもの場合、園の制服があればそれを着せますが、ない場合は用意する必要があります。男の子は、ジャケット&ズボンのスーツスタイル、女の子は、ワンピースやアンサンブルスタイルが定番。メインカラーは紺、黒、グレーにしつつも、男の子はネクタイや蝶ネクタイ、シャツの色、女の子はコサージュや髪飾りなどで“その子らしさ”を出す人が多いようです。

卒園式が終わると小学校の入学式があるので、兼用で買い揃える家庭が多いく、シャツの色やネクタイを変える、髪型を変えるなどちょっとした工夫で雰囲気が変わります。卒園式と入学式で着回ししながらアレンジを楽しめたらいいですね。

ママの服装は、ベーシックで上品なスタイルのスーツやセットアップが基本とされ、色は、子どもと同様、紺、黒、グレーなど地味目な方が無難です。スカート丈はできればひざより下のものを。

卒園式などの式典では、パールのジュエリーを身につけるのが正式なマナーとされてきましたが、今の時代持っていない人も多いでしょう。ダイヤモンド、ブラックパール、ゴールドなど品の良いものなら身に着けてよいと思います。コサージュなどでフォーマル感をアップさせるのもよいでしょう。

着物の場合は、落ち着いた淡い色のものを。着付けなどをお願いする場合は、早めの予約が肝心です。

パパは、礼服を着用する必要はありませんが、スーツ着用が基本です。

卒園式で見かける残念なマナー

卒園式で見かける「残念」なマナーを、以下紹介します。

子どもの服が派手すぎて浮いてしまう

「保護者席からわが子がすぐにわかるように」「わが子を目立たせたい」などの気持ちから、子どもにカラフルな服を着せてしまい、周りから浮いてしまったという話を聞きます。親子で満足するならそれでも良いのですが、子どもが「私(僕)だけ違う服でイヤだった」など、後から文句を言われることも。

ママの服がカラフルすぎて子どもより目立っている

卒園式は、当たり前ですが、子どもが主役です。カラフルすぎる色合いの服の場合、子どもよりも目立ってしまうことがあります。十分気をつけましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ