無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[シニア猫フード]「ずっと元気でいてね」を叶えるおすすめを発表!

ペット

猫は高齢になるほど味にうるさくなるもの。でも、たくさん食べてもらうだけでなく、質も良いフードを与えたいと思うのが親心です。今回は主要なシニア猫向けキャットフード16製品をテストし、「質良し」「食い付き良し」「価格安し」の逸品を見つけ出します。シニア猫と暮らしている方は、ぜひキャットフード選びの参考にしてください。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『ネコDK』vol.4(2019年9月発行)掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

シニア猫用のフードでバランスのとれた製品が知りたい!

ペットフード協会の調査によると、日本で飼われている猫の約47%は高齢期(7歳以上)と、意外と多いことがわかります。

スーパーやホームセンターにはシニア猫向けのキャットフードがひしめきあっていて、どの商品も栄養バランスの良さや嗜好性の高さをアピールしています。しかし、質、味、価格のバランスがすぐれたフードを選ぶのは難しいです。

そこで今回は、低価格帯のフードや嗜好性重視のフード、プレミアムフードなど16製品をテスト。トータルバランスの良いシニア猫用フードを見つけるべく、徹底検証を行いました。

シニア猫には低カロリーのフードがいいって本当?

一般的に猫の高齢期は、7歳くらいからと言われています。基礎代謝や活動量が低下していく一方、食欲はまだまだ旺盛。フードを与えすぎると、若いころより肥満になりやすいので要注意です。

しかし、11歳を過ぎると逆にやせやすくなります。体力低下を防ぐため、理由なく低カロリーのフードにしたり、ごはんの量をカットするのは厳禁です。

シニア期(7歳ごろ~)

7、8歳の猫は肥満になりやすく、50%近くが体重過剰と言われています。

ハイシニア期(11歳ごろ~)

11歳以降は体重不足になりやすく、エネルギーが濃縮されたフードを与えるべきでしょう。

シニア期は太りやすく、ハイシニア期はやせやすいことから、シニア猫に低カロリーのフードを与えるのは間違いだとわかりました。

ということで、早速本題であるテストを行いたいと思います。

シニア猫向けフード16製品の質、食い付き、価格をテスト!

獣医師やペットの管理栄養士といったプロにご協力いただき、今回はホームセンターやネットで購入できる低価格帯のフードや嗜好性重視のフード、プレミアムフードなど16製品をテストします。

テストしたのは、次の3項目です。

テスト1:質〔30点〕

フードの成分や原材料を獣医師がチェック。栄養バランスや原材料が優良なら加点、問題があるなら減点としました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ