無料の会員登録をすると
お気に入りができます

南十字星がベストシーズン!降り注ぐ星空や透明度の高い海を満喫できる、癒しの与那国島へ

旅行・おでかけ

沖縄本島よりも台湾に近い与那国島は、島の周囲の大半が断崖絶壁の、いうなれば“絶海の孤島”。昼間、海底遺跡ではないかともいわれている景観ポイントに潜ればカラフルな魚の群れに出会え、夜になると南の空には幻想的な南十字星が輝きます。馬の背に揺られるビーチライドや、昔ながらの酒蔵の風景も楽しみ。そんな与那国島でしか体験できないアクティビティをご紹介します。

天然記念物のヨナグニ馬に揺られビーチライド

島にいくつかある牧草地帯では野生のヨナグニ馬に会える

ヨナグニ馬とは日本に8種類だけ残る在来馬の一種。小柄でおとなしい性格が特徴で、50年ほど前まで島では農耕馬として活躍していました。1969年、町の天然記念物に指定され、現在は約130頭が島内で飼育されています。飼育といっても、ほとんどが野生で自然繁殖。

島に点在する牧草地帯へ行けば草を食む姿を見ることができ、時にはのんびり歩く馬たちが道路をふさぎ驚かされることもありますが、ここはヨナグニ馬優先。人が近づいてもものともしない自由な姿に、癒されるに違いありません。

与那国馬は小柄でおとなしいので初めての乗馬でも心配なし

ヨナグニ馬の乗馬体験ができるのが島の中心、祖納(そない)集落にある「風馬(ふうま)」。ここでは自然放牧でケガをしたり病気になった馬を保護するとともに、そこから生まれた仔馬を育て調教しています。
メニューは、場内で約15分の乗馬体験を楽しむものから、引き馬で集落内や約10分離れたナンタ浜まで散歩する1時間~1時間半のコースなど。オススメはビーチライドが楽しめる「引き馬ナンタ浜コース」。

集落内のアスファルト道路を歩き、横断歩道を横切るときはちょっとドキドキしますが、ビーチに着くと乗り心地が格段にアップ。馬の背に揺られ、心地よい風に吹かれるひとときは、極上の癒しタイムといえるでしょう。

風馬 与那国馬倶楽部(フウマ・ヨナグニウマクラブ)

世界中のダイバー憧れの地でダイビング・デビュー!

海の底は色とりどりの魚が泳ぐカラフルな世界

与那国島周辺の海は、世界屈指の透明度を誇るダイバー憧れの地。特に冬から春は島周辺に現れるハンマーヘッドシャーク目当てに、世界中からダイバーが集まってきます。

本格的なダイビングからまったくの初心者まで、レベルに合わせてその日、最も条件のいいスポットへ連れて行ってくれるのが「サーウェスヨナグニ」。
ウェットスーツ、マスクなどの機材もすべてそろっているので、手ぶらで楽しめるのも魅力です。

神秘的な海底景観ポイントの光景。濡れずに見学できる観光船クルーズもある

ダイビングスポットのひとつが島の南の沖合100mにある「海底景観ポイント」。1985年、地元のダイバーにより発見された周囲数百メートルの岩です。
これが果たして人の手によって作られた遺跡なのか、自然にできたものなのか、専門家の間でも意見が分かれているのだそう。未だ多くの謎に包まれた神秘性が話題を呼び、世界からの関心が集まっている場所です。

海に潜るのが苦手という人は、シュノーケルや、半潜水型の観光船に乗って濡れずに見学もできます。

サーウェスヨナグニ

島最古の泡盛酒造所で工場見学

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ