無料の会員登録をすると
お気に入りができます

気付いたら痩せてる!?太りにくい人が意識している5つのこと

2020年2月
美容

痩せたいけどダイエットは辛い...

痩せて綺麗な体をゲットしたいけど、ダイエットは続かない。なんて人は多いのではないでしょうか?忙しい毎日の中で、ランニングやジムの時間をスケジュールに組み込むのは難しいですよね。

metamorworks / Getty Images

今回は太りにくい人が意識していることを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

太りにくい人が意識していること

①お皿を小さくする

Kondor83 / Getty Images

保存容器のままテーブルに出すと自分が思っているよりも食べてしまっていた!なんてこともあるものです。小さめのお皿に移して食べると、必然的に食べる量は少なくなりますよね。お皿を小さくすることで、食べ過ぎを防止できます。

Julia Gerasina / Getty Images

また食べ過ぎ防止策として「お箸は3センチまで」ということを心がけてみましょう。ご飯やおかずに触れる部分を3センチ以内にすることで、一口分が小さくなります。ゆっくり食べることが出来て、お上品な食べ方に見えるのでオススメですよ。

②お腹が減るまで食べない

Kmatta / Getty Images

例えば朝ごはんを10時に食べたのに、12時にお昼ごはんを食べる必要はありません。お腹いっぱいの状態に、さらにごはんを食べたら太りそうなのはイメージがつくはず。どんなご飯を食べるかよりも、食べるタイミングを気にしてみましょう。

③お昼を1日のメイン食事にする

BartekSzewczyk / Getty Images

朝や夜ではなく、お昼ご飯を1日の中でメインにするよう意識してみましょう。昼間は活動量が一番多いので、肉料理や炭水化物をたくさん食べても動いて消費でき、罪悪感やストレスもあまり感じないはず。

SolStock / Getty Images

朝と夜の暴飲暴食を控えるため、お昼にたくさん食べてエネルギーチャージしましょう!午後はもっと頑張ろうとポジティブで活動的になれたらベストです。

④食べたらすぐに歯磨きする

PhotoAlto/Antoine Arraou / Getty Images
記事に関するお問い合わせ