無料の会員登録をすると
お気に入りができます

頑張れ、働くワタシ♡むくみ脚は1分間の「鋤のポーズ」で解消せよ!

1日中頑張って疲れが溜まったむくみ足は、たった1分間の「鋤(すき)のポーズ」で徹底ケアしてみませんか?翌朝に違いが実感出来る疲れ知らずなスッキリ脚の作り方をお教えます。

2016年10月
美容

仕事の疲れ、もう限界!

パンパンにむくんだ脚、どうにかしたい

毎日ヒールで歩き回ったり、長時間のデスクワークを繰り返していると、仕事終わりには足がパンパンにむくんでしまっている…という経験がある方も多いのでは?

そんなむくみ脚は放っておくと脚太りの原因に。溜まったむくみはその日のうちにケアすることこそ、脚やせの第一歩なのです。

1分ヨガでむくみをケア

そこで今回は、そんなむくみをたった1分でケアする驚きのヨガ「鋤(すき)のポーズ」についてご紹介いたします。

寝る前にベッドの上で実践してみてくださいね。

1分間でむくみケア!基本の鋤のポーズ

STEP1:天井に向かって足をまっすぐ上げる

まずは息を吸いながら天井に向かって足をまっすぐ上げます。

www.enfemenino.com

この時足の裏がちょうど腰の上に来るように腹筋に力を入れて支えることと、膝をなるべくまっすぐ伸ばすことを意識してみましょう。手は写真のように掌を床につけておきます。

STEP2:足をゆっくり頭の上に倒す

次に息を吐きながらゆっくりと足を頭の上へと倒していきます。(両手で腰をサポートしながら行うとスムーズにできます。)

forum.santabanta.com

なおこのヨガでは無理は禁物。体はゆっくりと曲げ無理のない程度まで足を倒しましょう。はじめは床につま先がつかなくてもOKです。なお首への負担を減らすため、顎と胸の間にスペースを取ることを意識しましょう。

動画で実践方法をチェック

詳細な実践方法はこちらの動画を参考にしてみてください。

ヨガの最中は首を左右に動かしたり、無理をして足をつけようとするのは絶対にやめましょう。あくまでもむくみを取ることが目的なので、上半身への負担が少なく、足が気持ちよいポイントでストップします。

体が硬くて鋤のポーズができない!

体が硬くて鋤のポーズができない!という方もご安心を。その場合はポーズをとる前にまず足を伸ばすことから始めてみましょう。

「片足伸ばし」実践方法

椅子に浅く腰掛け、タオルや布に足を掛けます。ゆっくり息を吸って吐きながら足をやや斜め上にぐっと伸ばします。そのまま10秒ほどキープしたら呼吸を落ち着けて反対側の足も同様に行いましょう。

Pin it
ピンもと: urbanoutfitters.com
17
53

毎日続けていれば、体は柔らかくなります

片足伸ばしから始めて徐々に体を柔らかくする方法を続けていれば、時間とともに鋤のポーズが難なくできるようになります。

instagram.com

ぜひ1日で無理して実践しようとするのではなく、毎日「無理せずできるところまで行う」という方法を続けて、体に負担の少ない方法でマスターしてみてくださいね。

さあ、明日も頑張れる私になろう!

むくみをたった1分間で解消する「鋤のポーズ」は、毎日を一生懸命生きるあなたの強い味方♡

ぜひ無理のない範囲からスタートし、スッキリほっそり美脚を目指してみませんか?

記事に関するお問い合わせ