無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まとめ買いは本当にお得なの?まとめ買い大好き主婦が実感したデメリット4選

ライフスタイル

自称「家事ズボリスト」でやりくり、生活術が得意なサンキュ!STYLEライターのmiiです。

今回は実際に私が経験した日用品まとめ買いの失敗談と、そこから考えるデメリットについてご紹介します。

日用品ストックがいっぱいの我が家!それゆえに、失敗も……

こちらの写真は、我が家の日用品ストックの一部。ドラッグストア勤務という仕事上、洗剤やシャンプーなどの日用品をいただく機会が多いことに加えて

・「日用品の節約をしなくては!」と、ふるさと納税で日用品を選ぶことが多い
・日用品は腐らないし、どうせ使う!と安いときにまとめ買い

といった理由から、日用品の在庫がかなりたくさんあります。もちろん、日用品のストックにはいくつものメリットもあります。

■メリット1:安価で手に入る
定価で買うより安売りしているときに買えば、費用が抑えられます

■メリット2:買いに行く手間が省ける
家に在庫があれば「いざ必要なときに、ない!」という心配はないし、買いものへ行く頻度も減らせます

■メリット3:震災や停電などのイレギュラーに対応できる
実際に台風で丸一日以上停電したことがありましたが、食料品のストックには助けられました

一方で、日用品の在庫が多いあまりに生じた失敗も少なくありません。

日用品まとめ買いのデメリット1:在庫を把握しきれていない

ストックが多いあまり、在庫が把握できていないこと多数!棚の奥から「こんなものあったっけ!?」というようなものがでてきて、びっくりしたことが何度もありました。結局、品質の劣化や好みの変化により、使わずに捨ててしまう結果になることも。

日用品まとめ買いのデメリット2:ダブって購入するリスク

在庫を把握できていないからこそまだあるものを再び買ってしまい、家に帰ってから「げ!?まだ家にあったじゃん」と反省することも。

マイホームを建てたばかりのころ、事前にお風呂用のスリッパを買ったことをすっかり忘れており、後日再び全く同じものを購入してしまったことがありました。

ダブり買いすることで、結果さらに物が増えてしまうという悪循環にも繋がってしまいました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ