無料の会員登録をすると
お気に入りができます

作り置き・ほったらかしであら簡単♡憧れの焼きたてパン生活

パンを焼くのは時間や手間がかかるイメージで、朝の忙しい時なんて作ってられませんよね。でも逆転の発想で、寝ている間に発酵させて作り置きできるパンがブームになっています。 朝から焼きたてパンを楽しみましょう♡

2016年10月
レシピ

朝から焼きたてのパンが食べたい♡

自分の家で朝から焼きたてのパンが食べられたら幸せですよね。ホームベーカリーも売っていますが、もっと気軽に作られたら嬉しいもの。でもパンって仕込みや発酵やらと、なかなか朝からできるものではありません。

instagram.com

そんな心配は必要なし!夜10分から15分程度、朝も10分程度の作業で焼きたてのパンを食べられる方法があるのです。今回はその作り方をご紹介します。

「作り置きパン」の作り方

基本の材料

強力粉100g・ドライイースト3g・塩1g・砂糖5g・牛乳50cc・水20cc

①材料をボウルに入れる

小さいボウルに牛乳、水、ドライイーストを入れて約1分置いておきます。大きいボウルに強力粉、塩、砂糖を入れて均一になるように混ぜます。

②材料を合わせる

小さいボウルの中身を大きいボウルに入れゴムベラでかき混ぜていきます。まとまるまで混ぜてください。

そして手で折りたたむようにしてボウルの中でこねます。水分が均等になる程度で良いので、そこまでこねすぎる必要はありません。目安は2、3分です。

③容器に入れて冷蔵庫へ

生地を丸くしたらタッパーウエアなどの密封容器に入れ、冷蔵庫で発酵させます。最低8時間必要です。

④生地を成形する

生地が1.5倍〜2倍になっていればOK。台の上に打ち粉をし、スティック型や丸型など好きな形に成形をします。

⑤トースターで焼いて完成!

鉄板に乗せて1200Wのトースターで10分焼いて出来上がり!あっつあつを召し上がりましょう。

instagram.com

生地を週末に作って好きな分だけ朝焼いて食べることもできるのだそうです。これならいつでも朝からおいしいパンが食べれますね♡

レーズンやハーブ、コーンなどの具材を入れたり、いろいろな形に成形したりとアレンジが楽しめます。

動画で作り方を確認!

成形に難しい知識も必要なく、とても簡単に作れるスティックパンです。基本の作り方で生地を作ったら、麺棒で伸ばしてスティック状に切ります。

大人気のレーズンパンもご覧の通り簡単なステップで作れます。くるみを入れたり、ドライフルーツを使ってもおいしそう♡

アレンジレシピの動画はこちらをチェック!

作り置きパンの書籍もチェック

作り置きパンを提案する吉永麻衣子さんの書籍です。アレンジレシピも載っているので色々なパン作りを学ぶことができますよ。

冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい分を焼く

¥ 1,382

常備菜などで人気の「作り置き」をパンでも!週末に生地を作っておき、平日の食べたい時に食べたい分だけ焼いて食べる、そんなパン作りが実現する本です。シンプルなパンから具の入ったパン、スコーンやドーナッツまで学べます。

商品詳細
冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい分を焼く
www.amazon.co.jp
商品詳細
吉永さんのInstagramもチェック!

パンも"作り置き"でもっと簡単に

時間のかかる発酵を寝ている間に行うという、時間を上手に使ったレシピですね。作り方もシンプルですぐ挑戦できます。ぜひお試しを!

世界中で愛されるレシピ!“こねない”パンがとにかく簡単で美味しいんです♡

NYのベーカリーが生み出した「こねないパン」をご存知ですか?今やアメリカをはじめ世界中で愛されるそのパンのレシピはとにかく簡単!でも仕上がりは本格派という嬉しいことだらけのレシピなのです♡
4417
記事に関するお問い合わせ