無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼や家族とも円満♡頑張りすぎないフランス流「こなれ家事術」が素敵

家事に仕事に子育てにと、女性の毎日は本当に忙しいですよね。頑張りすぎているあなたに、書籍『フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす』の著者・ペレ信子さんが暮らしの工夫を伝授します。

2016年10月
ライフスタイル

頑張っているけど、なぜか空回り?

毎日やらなきゃいけないことが多すぎる!

平日は仕事に追われ、週末は溜まった洗濯や掃除をこなし、毎日の料理もなるべく自炊して栄養バランスに気をつけなくちゃ!女子力も保ちたいからファッションやメイクも手が抜けない。毎日をこなすので必死なんです!

気がつくと彼や家族の心が離れてる?

いつも近くにいるからお互いのことはわかっているはず。そう思っていたのに、ふと気がつくとすれ違いが多かったり、小さな事で言い争いになったり。忙しすぎる毎日では、大事な人の心に寄り添う余裕もなくなります。

愛の国フランス女性の生き方がヒント

頑張っているのに周囲との関係がうまくいかない。そんな悩める女性は多いはず。書籍『フランス流 しまつで温かい暮らし』の著者・ペレ信子さんは、フランス生活で出会った現地女性から生き方のヒントを得ました。

ペレ信子さんは、フランス人の旦那様と結婚後、通訳・翻訳やサロン等でのライフスタイル提案の仕事をしながら3人の子育てもこなすパワフルな女性。ご自身でも、フランス流の家事テクニックを実践されています。

今回は、忙しいLocari世代の女性たちの生活にもすぐに役に立つ、頑張りすぎずに彼や家族との関係が円満になるフランス流「こなれ」家事術をご紹介します。

①平日の料理は手抜きでもOK

鍋いっぱいのスープと冷凍食品を活用

「フランス女性は結婚後も仕事を持つ人が多いので合理的に家事をこなします。料理が苦手だったら無理にせず、市販品も上手に活用。週末に大鍋でスープを作り、平日の夕食は毎日アレンジして食べる家庭が多いです。」

Media?size=l
instagram.com

「フランスの主婦は冷凍食品を使う機会が多いので"picard"のような味も品質もしっかりした商品が充実しています。豪華なお惣菜や本格的なデザートもあるので重宝します。日本でもイオンで買えるんですよ。」

おうちで イオン 「picard(ピカール)」商品一覧

②家族に罪悪感を持ちすぎない

出来ないことは周囲に頼ってみる

「子供に接する時は、仕事や家事の忙しさで十分にかまってあげられないことに対して、罪悪感を持ちすぎないこと。親は親の人生を必死で生きていることを伝えていきましょう。」

「フランス女性は何でも一人で完璧にやろうとせず、家事や料理の代行サービスを有効に活用しています。そこで生まれた時間を、自分のやりたいことやパートナー、家族と過ごす時間のために使うのです。」

③週末はテーブルクロスをかけてみる

1枚かけるだけで一体感が生まれる

「自宅のテーブルの大きさや雰囲気に合ったテーブルクロスを買ってみましょう。週末のディナーでテーブルクロスをかけるとみんなが同じテーブルクロスに乗っているという連体感が生まれるんです。」

「書籍の中でもいろいろなコーディネートを紹介していますが、まずは生成りのリネンのフラットシーツを買ってテーブルクロスにしてみてはいかがですか?縫い目がないので使いやすく裾の垂れ具合も綺麗なんですよ。」

麻平織フラットシーツ・SD/生成 180×260cm

¥ 5,900

商品詳細
麻平織フラットシーツ・SD/生成 180×260cm
www.muji.net
商品詳細

④週末のディナーで彼や家族をもてなす

一週間に一度向き合う時間を作る

「平日の夕食は簡単にすませる分、週末には少し丁寧に食を楽しむ工夫をしてみましょう。フランス人は必ず前菜・メイン・デザートの3皿を食べるのですが、その習慣を週末のディナーに取り入れてみるんです。」

「週末のディナーが、彼や家族と向き合う時間になります。もちろんテレビも消して電化製品をOFF。料理はあえて1品ずつ出すと、じっくり時間を過ごしてお互いの出来事を話し合うようなムードが生まれるんです。」

⑤気を使わせないおもてなしがフランス流

頑張りすぎると負担が大きく続かない

「日本で最近流行っている"おもてなし"は、頑張りすぎて少し"発表会"みたいですよね。フランスではそれぞれの人がある物を持ち寄り、ホストはゲストに気を使わせず、スムーズに会話が運ぶ空気作りに徹します。」

「ホームパーティは敷居の低さが大事です。頑張りすぎると負担も大きく続きません。フランス式は最初は緊張するかもしれませんが、会話が始まると、一人一人の話を聞くムードになってみんなの満足度が上がります。」

真似したいフランス流の温かい暮らし

インタビューに応じてくださったペレ信子さんの著書『フランス流しまつで温かい暮らし フランス人は3皿でもてなす』(講談社)には四季折々のレシピやテーブルセッティングなど生活を豊かにする工夫が満載です。

私たち日本人は、つい料理も家事も完璧を求めてしまいますが、本来の目的は、温かい家庭や人間関係を築くこと。フランス女性のように上手に肩の力を抜き、大事な人たちと円満な関係を築いていきたいですね。

書籍の詳細はこちら
記事に関するお問い合わせ