無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「レトロかわいい」にハマっちゃう♡心くすぐられる不思議な魅力

どこか懐かしい。でもなんだか新鮮。そんな不思議な魅力あふれる「レトロ」にハマる女性が続出中です。冷めることのないレトロブームの秘密を探ってみましょう♡

PR
2016年10月
グルメ

「レトロ」がアツい♡

広がり続けるレトロブーム

最近すっかり定着したレトロブーム。その人気はどんどん広がり、ジャンルを問わず注目されています。

クラシカルな海外レトロと、昭和30年代〜をモチーフにした懐かしの昭和レトロ。そのどちらも、女性の心をくすぐって魅了しています♡みんなのハマるレトロの魅力とはなんなのでしょうか。

いろいろなレトロブーム

■クラシカルコーデ

白襟、ハイウェスト、プリーツ…など、レトロかわいいファッションが女性の間で大人気♡ローマの休日に出てきそうな、シックな雰囲気のクラシカルコーデは男性からも好評です。

レトロファッションは日本だけでなく海外のブロガーの間で大人気♡秋のノスタルジックな雰囲気にもぴったりなレトロファッションにいますぐ挑戦してみましょう♡

■昭和の香りただよう純喫茶

時間を忘れてゆったりした時間を過ごせる純喫茶。最近のレトロブームで、若い世代の人も純喫茶に行く人が増えました。静かな空間とコーヒーの香りが素敵ですよね。

昔ながらの喫茶店のもう一つの魅力は、食事のメニュー♡ナポリタンやケチャップソースのオムライスなど、みんな大好きな懐かしグルメが目的で来店する人も。

■昭和テイストの居酒屋

まるで昭和にタイムスリップしたような、情緒ある居酒屋が人気です。最近の綺麗な個室を完備している飲み屋さんよりも、人と人との距離が縮まるような程よい狭さがたまらない♡

赤提灯がかかった居酒屋が細い路地に何十軒も並ぶ独特の飲み屋横丁。昭和の香りが感じられるこの外観は、観光客の方にも人気だそうです。

■手がかかるのがたまらないレトロカメラ

機能の多彩なデジタルカメラや持ち歩きに便利なスマーフォンなど、最近は手軽にカメラを楽しむ人が増えました。その影響か"カメラ女子"も増え、いまではカメラを持っていない人の方が少ないくらいです。

http://www.shutterstock.com/dl2_lim.mhtml?src=undefined-undefined-42&id=261320729&size=huge_jpg

そんな現代にも根強く残っているレトロカメラ人気。フィルムをセットしたり、細かい調節をしたり、現像したり。手をかけて撮った写真は、デジタルとはまた違う魅力があります。

こんなところにも!意外なレトロブーム♡

超ロングセラーのコスメたちに夢中♡

http://www.shutterstock.com/pic-419738860/stock-photo-elegant-composition-retro-style-vintage-perfume-bottle.html?src=P1diBYnwSDuN12ZLoJiuTg-7-54

最近、私たちのおばあちゃんの時代から使われ続けているコスメが「かわいいうえに優秀!」と話題になっています。昭和の雰囲気が漂う懐かしい容器は家に置いておくだけでかわいいインテリアに♡しかもその効果はお墨付き。

100年を超えるロングセラーの秘密はその実力。ほとんどが1000円以下というプチプラなのに、使ってみたら明らかに肌の調子がよくなったという人ばかり。多くの人から長く愛されているのにはちゃんと理由があるんですね。

ラッパのマークのお弁当

お店やおしゃれだけじゃありません。お弁当だってレトロブーム!"キャラ弁"ではなく、"レトロ弁"が女性の間で密かに流行っているんです♡

こちらはみなさんお馴染みの「正露丸」弁当。一見シュールな見た目ですが、ラッパのマークに懐かしさと愛嬌を感じます。昭和の頃のマークはシンプルで可愛いものが多いのでキャラ弁にするのにぴったり♡

ラッパのマークで有名な「正露丸」も、100年以上愛され続けるロングセラー商品のひとつです。突然のお腹のトラブルも解決してくれる強い味方!「セイロガン糖衣A」なら匂いも気になりません。LINEスタンプも好評♡

正露丸キャンペーンページはこちら
LINEスタンプはこちら

ほっとする懐かしさに惹かれる

他にも、映画やレジャー施設、駄菓子や玩具など様々なジャンルで人々を惹きつけるレトロ。その理由は懐かしさと安心感、さらにノスタルジックな雰囲気♡

スタイリッシュなデザインや利便性を追求したものが日々増えている現代だからこそ、古き良き時代の、手がかかるけど味があって、どこか温かみの感じられる「レトロ」を求める人が多いのではないでしょうか。

あなたも昭和の香り漂う不思議な魅力にハマってみませんか?

記事に関するお問い合わせ