無料の会員登録をすると
お気に入りができます

たったこれだけ♡彼氏&夫と仲良しでいるために守りたいこと

恋愛・結婚

愛を保つには毎日の積み重ねが大切

bedya / Getty Images

パートナーとはいつまでもホットな関係でいたいもの。そんなカップルにとって最大の敵はマンネリと惰性です。彼氏や夫と末永くラブラブな関係でいるために意識したい、毎日のちょっとした心がけをご紹介します。

①朝は機嫌よく!ケンカは持ち越さない

ケンカしないのがベストなのは言うまでもありませんが、時には意見が対立することも出てくるはず。ケンカ自体はやむを得ないとしても、機嫌の悪さをいつまでも引きずるのは関係悪化の原因になりかねません。

Westend61 / Getty Images

ケンカは必ずその日限りで終わらせるというルールを作りましょう。彼と言い合ってしまった時も、翌朝にはスッキリした顔で明るく振舞い、笑顔で彼を送り出してあげましょう。そして済んだことは蒸し返さないように!

②「ありがとう」を省略しない

付き合い始めた当初は、ありがとうやごめんなさいをきちんと言おうと意識していても、付き合いが長くなるにつれ良くも悪くも緊張感が薄れるもの。ついつい感謝の言葉を言わないで済ませるようになりがちです。

YakobchukOlena / Getty Images

やってもらって当たり前という態度が常態化すると、次第に相手に依存するようになり、彼側の不満が積もっていく恐れがあります。ありがとうの言葉は必ず口に出して伝え、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

③時には彼の好物を作ってあげる

「男心をつかみたければまず胃袋をつかめ」という言葉を聞いたことはあるでしょう。彼の好きな物をちゃんと把握していますか?好きな料理が目の前に並べば無条件に幸せな気持ちになります。

LightFieldStudios / Getty Images

二人の記念日やケンカの後に仲直りしたいとき、彼が仕事をがんばっているときなどに、彼の好物を用意してあげましょう。いつも彼のことを気にかけていることを、美味しい物を通して伝えるのです。

④彼の行動を制限しない

大好きな彼にはいつも自分の近くにいてほしいと思うのが女心。自分が知らない友人たちと会ってほしくない、一人だけで出かけないでほしい等と、つい彼に言ってしまう女性も多いのではないでしょうか。

Zinkevych / Getty Images

しかし「行かないで」と言われると、彼は行動を制限されているようで息苦しさを感じる恐れがあります。あなたの存在自体を負担に思うようになり、離れたくなってしまうかも。

Prostock-Studio / Getty Images
記事に関するお問い合わせ