無料の会員登録をすると
お気に入りができます

えっ、こんなことで?男女で違う百年の恋も冷めるキッカケ

あんなに好きだったのに、彼の何気無い言動ですっかり萎えてしまい即お別れ。なんてことあった方もいるのではないでしょうか。男性も然りです。しかし男女ではそのポイントが異なるとか?

恋愛・結婚

恋は燃え上がるのも、冷めるのも一瞬

男女で恋愛の冷めポイントが違う?

とっても好きだった人でも、何気ない言葉や行動で気持ちが萎えてしまって、一瞬で別れたくなった人も多いのでは?恋に燃え上がるのも、冷めてしまうのも一瞬なのかもしれません。

男女の恋愛観での違いが別れを生む原因になることもあります。実はこの恋愛が冷める瞬間というのにも、男女で違いがあるようなのです。そこで、男女それぞれで恋が冷めるキッカケとなる行動をご紹介します。

二人が会う頻度は?

男性は会いすぎると面倒になる

女性は好きな人であればできるだけ一緒にいたい、会えるなら何度でも会いたい、LINEやメールでもつながっていたいと思う人が多いようです。男性も彼女に応えようと、最初だけは合わせてくれます。

しかし、まめではない人男性がこれを続けると次第に「めんどくさい」という気持ちが募ってしまいます。必要以上に「会いたい」「寂しい」「連絡して」と言いすぎると、彼の気持ちが冷めてしまうかもしれませんよ。

女性は会わなすぎるとどうでもよくなる

女性は会えない日が続くと、最初は寂しいと思っていても、それが長すぎると「もう会わなくてもいいや」と思ってしまいます。一方、男性は会えない日が長ければ長いほど「会いたい」気持ちが強くなります。

女性はすれ違い、男性はお互いが頑張っているときと考えているのかもしれませんね。一人の時間を充実させつつ、その分だけ二人で会ったときを楽しめる気持ちがあると、会えない時間も待っていられるのかも。

デートの計画について思うこと

つまらなさそうな彼女にしょんぼり

デート中に彼女がいきなり不機嫌になる、つまらなさそうにしていると、男性はプライドが傷つきます。「どうしたの?」と聞いても「なんでもない」と答えられてしまうので、困ってしまうでしょう。

こんなことが続けば一緒にいても楽しくありませんし、別れを考えてしまうかもしれません。

記事に関するお問い合わせ