無料の会員登録をすると
お気に入りができます

周りと同じなんて絶対嫌!黒スキニーをオシャレに着こなしたい♡

黒スキニーはシンプルでどんなコーデにも合う反面、マンネリした印象を与えてしまうこともあります。そこで、周りとは被らない黒スキニーの着こなしのポイントを学びましょう。

2016年10月
ファッション

黒スキニーのコーデ、マンネリ化してない?

便利な反面、着こなしが被りやすい!

黒のスキニーはシンプルなデザインでどんなアイテムとも合います。しかし、着回しに便利でコーデがマンネリ化してしまい、同じような着こなしばかりしてはいませんか?

wear.jp

そこで、周りと被らないような黒スキニーのコーディネートをご提案します。

ゆるトップスでラフな雰囲気も引き出して

シャツできちんと感は残して

黒スキニーは落ち着いたカラーとタイトなシルエットのため、どうしてもかっちりとした印象が強いです。そこで、あえてゆるっとしたシルエットのトップスを合わせて、ラフに着こなすとこなれ感がUPします。

zozo.jp

オーバーサイズでもきちんと感のあるシャツを合わせれば、崩しすぎず大人なコーデになるでしょう。グレーのシャツと合わせれば、COOLな大人カジュアルに仕上がります。

ロングニットでこっそり体型カバー

wear.jp

ロング丈のニットなら腰回りを隠して、こっそり体型をカバーできます。黒スキニー以外もブラックやグレーなど暗色でまとめることで、ラフなコーデもCOOLな印象にまとまります。

派手柄だってきっちりまとめる

カモフラ柄でこなれカジュアル

柄物を着るとき合わせるアイテムに迷うことがあるでしょう。そんなときにきちんとまとめてくれるのが黒スキニーなのです。トレンド柄も上品に着こなせます。

wear.jp

白T×黒スキニー、黒のハット、バッグ、スニーカーを合わせたモノトーンコーデには、カモフラ柄のジャケットを合わせて。柄物を外しに使うことで、こなれカジュアルな雰囲気を醸し出せます。

ブロッキング配色でオンリーワンコーデに

wear.jp

個性派な柄ならオンリーワンのコーデになりつつ、黒スキニーと合わせるだけでコーデが決まります。ネイビーやブラウンなど秋色ブロッキングのニットを合わせれば、季節感もUPです。

デニムジャケットでラフに着こなす

COOLすぎない抜け感を作って

黒スキニーはCOOLな着こなしになりがちです。そこでデニムジャケットをプラスすることで、カジュアルな抜け感を作りましょう。

wear.jp

着るのではなくこのコーデのようにさらっと羽織るのもステキです。ブラウンのキャップやローファーを合わせれば、秋カラーで季節感も高まります。

wear.jp

スニーカーを合わせてカジュアルに着こなすのも良いですね。足元を白にすればきれいめな印象もUPします。今年トレンドのアニマル柄のポーチを合わせれば、旬な雰囲気も高まるでしょう。

ロングアウターでスタイルアップ

秋はやっぱりロングカーデ

タイトなシルエットのスキニーが引き締め色の黒ならば、脚が細く長く見えるでしょう。さらにロングアウターを合わせれば、細身なスタイルが強調されてスタイルアップできます。

wear.jp

キャメルのロングカーデを合わせれば秋らしい着こなしになります。アニマル柄のベルトなど小物で外しているのもポイントです。ハットや白スニーカーをプラスすれば、きれいめな雰囲気も高まります。

シャツをアウターにするのがおしゃれ

wear.jp

シャツワンピをロングアウターとして着こなすのも今季は流行っています。デニムシャツならカジュアルな着こなしになります。トップスをINすればより足長に見えて、スタイルも良く見えるでしょう。

秋色トップス×黒シューズ

抜け感カーキでこなれコーデに

秋色トップスと黒スキニーを合わせれば、カラーが引き立って季節感も高まります。そこに黒シューズを合わせれば、脚も長く見えるでしょう。この組み合わせはトレンドとスタイルアップを叶えるベストコーデです。

wear.jp

辛めでも抜け感のあるカーキならこなれたカジュアルコーデを作れます。オーバーサイズのトップスを合わせて、ゆる×ピタなシルエットを作れるでしょう。足元は黒スニーカーでカジュアル感UPです。

今季マストなテラコッタ

オレンジとブラウンの中間色とも言えるテラコッタカラーは今季のとトレンド色。女っぽさを高めてくれるカラーなので大人女子の秋コーデにはマストです。

wear.jp

ニットを黒スキニーに合わせれば、シンプルでもきれいめなコーデになります。足元はパンプスで上品さも引き立てましょう。

グレーでCOOLな女になりましょ

zozo.jp

グレーのニットなら暗めカラーでワントーンコーデにも見えます。統一感があってスタイリッシュに着こなせるでしょう。ファーシューズなど小物で秋感を高めているのも、こなれポイントです。

黒のワントーンは抜け感カラーを足して

白インナーでモノトーンコーデ

黒のワントーンコーデはカッコイイ女になれます。ただし、辛めすぎて普段のコーデでトライしにくいというデメリットがあります。そこで抜け感となる別のカラーをプラスするのがおすすめです。

wear.jp

白のインナーなら明るさもあるモノトーンコーデになりますよ。アニマル柄のスニーカーを履くなど、ほかにも外しアイテムを使えばカジュアルさもUPです。

ブラウンのアウターで秋の着こなしに

zozo.jp

黒のニット×スキニーにハットやパンプスなどオールブラックにしたコーデには、秋らしいブラウンのジャケットをプラス。やわらかな印象もプラスしつつ、ライダースでCOOLな女性を演出できます。

お気に入りの黒スキニーコーデを見つけた♡

黒スキニーだけでもいろんな着こなしがありましたね。自分がしたいコーデや使ってみたいアイテムを合わせれば、オンリーワンな着こなしになるはずです。

wear.jp

定番アイテムを使って、自分らしい着こなしを作りませんか?

記事に関するお問い合わせ