無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日常会話に愛が宿る♡愛され彼女の会話術が知りたい!

喧嘩のたびに彼との関係に亀裂を入れてしまう人もいれば、良い話し合いを経て彼との関係を深める場合もあります。似たようですが、その後の関係は全く変わってくるもの。愛される女性は日常的な会話から全く違うのです。

2016年10月
恋愛・結婚

愛され彼女は何が違う?

計画的に会話は進めていこう

男性が彼女に惚れ直すのは、うっとりするような綺麗な外見を見た時ではありません。日常生活のふとした行動や発言に「一緒にいてよかった」と安心するのです。つまり、気遣いや思いやりが大事。

意識的に会話を進めていくことで、彼の心も穏やかでいられます。どんな点を普段から気をつけたらいいのでしょうか?

喧嘩は短時間で済ます

カップルに喧嘩はつきもの。しかしそれが別れる原因になったり、逆に仲を深めるキッカケになったりと、結果は全く異なります。そこでまず心がけたいのが、彼とどうなりたいかを明確にしておくこと。

長いと何が言いたいのか分からなくなる

会話の着地点をイメージしていくと、話が脱線しすぎたり、だらだらと長くなりすぎません。喧嘩の目安は長くても1時間にしましょう。それ以上になると時間が長くて、何を言いたいか分からなくなりがちです。

感情的になったのに結局言いたいことが分からず、モヤモヤした感情だけ残るのも嫌ですよね。短時間で深い話し合いをすることで、喧嘩が嫌なものではなくなります。

考える時間をもらう

肯定して理解したら、一旦持ち帰る

あなたの感情が収まりそうになかったり、1時間以内では解決の見込みがなさそうな場合は、一旦話を切り上げましょう。彼の言い分は理解した上で「分かった。ちょっと自分でも考えてみる」と伝えてみてください。

冷静な時間で良い結論を選べる

ただ長いだけの女の話は、男を心底うんざりさせます。「考えがまとまっていないから」や「ちゃんと考えたい」の理由で彼も一気に冷静さを取り戻せます。言葉数を多くするよりも、深く考える女性の方が素敵です。

感謝ポイントを具体的に盛り込む

されて嬉しいことを言葉にする

嫌なことやダメ出しは積極的に伝えるのに、感謝していることや好きだと思うことは言葉にしない人は多いもの。言葉にしなくても、行動で伝わっていると思うのは危険です。あなたが想うよりも伝わっていないかも。

具体的にどんな行動が好きだったか、何をされて嬉しかったかは具体的に伝えましょう。普段から愛情を言葉にして伝えたり、感謝を示せる人は愛を積み重ねて深めていける人です。

最後には「話せてよかった」の一言を

感謝で締めくくろう

彼の気持ちを確認できるような会話ができた時には、感謝の言葉で締めくくるようにしましょう。話し合いが終わったことで、心の緊張感が溶けます。「ちょっと疲れちゃったね」の言葉を笑顔で言えるのも良い女です。

思いやりと優しさが愛を深める

感情が高ぶっても、どんな言葉を彼に伝えようとしているのか、その姿勢に彼はあなたとの今後を考えていきます。惚れ直すのも、見切りをつけるのも相手の人間性があってこそ。思いやりと優しさを常に意識しましょう。

記事に関するお問い合わせ